JUMBO JM-50 1970年代

HOLD(現在商談中です)

  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

初心者の方のエントリー・モデルとして最適!!名門田原楽器製フラット・マンドリン!!

日本での個人製作ビルダーとしては草分け的存在の鷲見英一氏を輩出した事で知られる田原楽器。田原良平氏率いる田原楽器はJUMBOブランドを製造販売し、今なおマニアックでコアなファンの多い人気のジャパン・ビンテージ・ブランドとして知られています。今回入荷はそんなJUMBOのフラット・マンドリンJM-50。Aタイプ・マンドリンでは当時のカタログ上トップ・モデルに位置する機種です!

ソリッド・スプルースTOP、ラミネイト・メイプルSIDE&BACK、マホガニーNECK、ローズウッド指板&ブリッジ、実測29.4mmナットのAタイプ・マンドリン。

サウンドはブライトでアタッキーなサウンド!立ち上がりが良く切れのあるサウンドながら、Aタイプならではのウォーミーさも感じられ、ブルーグラス系の音楽のみならず、フォーク系の音楽にもマッチしそうな汎用性の高いサウンド。マンドリンを始めてみたい方、現在のアンサンブルにもう一つ個性のあるサウンドをプラスしてみたい方なんかにはうってつけの1本かと思います!

楽器のコンディションは年式なりの使用感や経年感、修理歴などがありますが、現状弾くためのマンドリンとしてはしっかりとした状態を維持しています。修理歴としてはネック・ヒールの木の継ぎ部が一度剥がれたのか、接着剤が流し込まれ固められています。現状はチューニングをしても動く気配はありませんので、強度は保たれているようです。また、ボディー・トップの1弦側fホール付近にトップ落ちの症状が見られます。が、こちらも弦を緩めても張っても特に木は動かないようなので、トップ落ちした状態で固まっているようです。そして木の収縮率の違いや、長年弦に引っ張られてきた為か、ボディー・エンド部でサイド材とセル・バインディングに少し段差が感じられます。、、とまぁ古い楽器らしくいくらか木部の変形等ありますが、現状弾くのには何ら支障はありません。その他にもフレット上にシールを貼ってあった残骸が残っていたり、謎のボンドが付いていたりしますが、弾く上に置いて特に気になるような箇所は無いかと思います。

現状弾くのには特に問題は感じませんが、値段が値段なので、保証なしの現状渡しとさせて頂きます。

とにかくお手頃でリーズナブルにフラマンに挑戦してみたかった方にオススメの激安マンドリンです!

ケースは汎用のハード・ケースが付属します。