JUMBO JM-98 1970年代
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

名工・鷲見英一氏を輩出した長野の名門、田原楽器製のフラット・マンドリン!!

日本での個人製作ビルダーとしては草分け的存在の鷲見英一氏を輩出した事で知られる田原楽器。田原良平氏率いる田原楽器はJUMBOブランドを製造販売し、今なおマニアックでコアなファンの多い人気のジャパン・ビンテージ・ブランドとして知られています。今回入荷はそんなJUMBOのフラット・マンドリンJM-98!鷲見英一氏がフラット・マンドリンの製作を一気に拡大したとされていますが、今回入荷のJM-98はJUMBOブランドのマンドリンの中では恐らく最上位機種に当たるモデルかと思われます!

ソリッド・スプルースTOP、ソリッド・カーリー・メイプルSIDE&BACK、メイプルNECK、エボニー指板&ブリッジ、実測30mmナットのF-5スタイル・フラット・マンドリン。当時のカタログは見つからず、雑誌の特集記事を見てもあまり詳細なことまでは判りませんが、TOP&BACKは単板の削り出しで間違いないかと思います。バックのメイプルは大ぶりなトラ杢で、見る角度によって表情を変えるめちゃカッコいい杢目のメイプルで存在感は抜群です!

サウンドはブライトでアタッキーなサウンド!歯切れが良く粒立ちの良いサウンドで、カンカンと気持ちよく音が抜けてくれます。ボリュームの有るサウンドと、フラット・マンドリンならではのリバーブ感を存分にご堪能頂ける事でしょう!

楽器のコンディションは、いくらかの経年感は感じるものの、キズの類は極端に少なく、年式から考えるとこの上なく綺麗なコンディションと言えるでしょう!ピックガードのステーやテールピース・カバーなどのゴールド・メッキがいくらか色褪せていますので経年感を感じますが、ボディーやネックなどの木部は、塗装表面の艶感なども新品時の雰囲気を留めており、非常に綺麗な状態です。光にかざして子細に眺めていくと、スレ程度の小キズはいくらか付いていますが、打痕の類は皆無で、ほぼほぼ無傷と言える最高のコンディションかと思います!

ネック・コンディションも良好です。厳密に言えば僅かに順反り傾向ですが、ビビリ等も無く充分許容範囲です。現状での弦高は12フレット上で1弦側、4弦側共に1.7mm程度と非常に弾き易いセッティングになっています。サドルのエレベーションは、まだ上下どちらにも可動しますので、お好みの弦高にセッティング可能です。フレットはローフレットに弦の跡が付いている程度で、ほとんど減りはありません。

恐らく当時の生産本数も少なく、市場に出回る事は殆ど無いと思います。JUMBOのフラマンをお探しだった方には超強力プッシュですが、手頃で質の良いマンドリンをお探しの方にもオススメの逸品です!

ハード・ケースが付属します。