K.YAIRI YW-1000 1977年製
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

ハカランダSIDE&BACKのYW-1000!!稀少な初期の太めの縦ロゴです!!

日本を代表する老舗アコースティック・ギター・メーカーK.ヤイリ。70年代には雨後の筍のように乱立していたアコースティック・ギター・メーカーの中で、今なお第一線で活躍する名実共にトップ・クラスのアコースティック・ギター・メーカーです。今回入荷はそんなヤイリ・ギターを長年に渡り支えてきた人気モデルYW-1000。華やかなルックスと、ハカランダSIDE&BACKのアタッキーなサウンドが人気の名モデルです!しかも今回入荷の個体はマニアには堪らない初期太ロゴの1本です!

ソリッド・スプルースTOP、ラミネイト・ハカランダSIDE&BACK(バック3ピース)、マホガニーNECK、エボニー指板&ブリッジ、実測43.3mmナット、645mmスケールのドレッドノート・ボディー。バーティカル・ロゴに45スタイル・ヘキサゴン・インレイ、45スタイルのアバロンとアバロン風セルによるロゼッタ&パーフリングのD-45スタイル。SIDE&BACKに使われているハカランダ材は合板を採用し、SIDE&BACKのパーフリングはアバロン風セルを使うなどしてコストが抑えられていますが、ロゴやポジション・マーク、トップのパーフリングは全て本物の貝が使われていますので、顔つきは非常にゴージャスなモデルです!

サウンドもアタッキーで煌びやかなゴージャスなサウンド!SIDE&BACK合板がハカランダらしいエッジ感のあるサウンドを更に強調していて、そこに貝巻きモデルならではのキラキラと煌びやかな倍音が絡み、ブライトで華やかなサウンドを響かせます。全体的にはかなりドンシャリなサウンドですが、ローもしっかり出ていて、箱鳴り感も充分に感じられます。フラットピックで掻き鳴らせば、エッジ感の強いかなり攻撃的なサウンドが得られますし、フィンガーで爪弾けばキラキラとした倍音感たっぷりの美しい音色が得られますので、あらゆるプレイ・スタイルにその個性を発揮してくれるでしょう!

楽器のコンディションは年式なりのキズや使用感、経年感や修理歴等あります。ボディー・トップは長年の使用で付いた打痕や擦り傷、ピッキングキズなど無数に有りますが、どのキズも普通に使っていれば付きそうなキズばかりで不自然なキズは有りませんので、ヴィンテージ楽器として見て、特に気になるような箇所は無いかと思います。サウンドホール周りは長年の激しいピッキングに因り塗装が剥がれている箇所があり、上からタッチアップされていますが、こちらも自然な処置で特に気になることも無いかと思います。SIDE&BACKにも小キズは点在しますが、塗装の白濁もほとんど無く、かなり綺麗な状態と言えるでしょう。ネック裏は塗装が剥がれたのか?白濁したのか?ネック・ヒール部からヘッド裏までリフィニッシュされています。オリジナルの塗装もほんの少し残った状態でリフィニッシュされていますので、見た目もそんなにそこだけピカピカという事も無く、自然に馴染んでいます。ヘッド・トップはオリジナルの塗装のままで、弦で擦ったような擦り傷は多数ありますが、白濁も無く綺麗な状態を維持しています。エンドピンはエンドピン・ジャックに替えられ、ブリッジ下に貼り付けタイプのPUが付けられています。パッシブなので音圧は低めですが、意外にナチュラルなサウンドが得られます。

ネック・コンディションも良好で概ねストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.5mm、1弦側2.0mm程度とベストなセッティングになっています。サドルにはもうほとんど余裕はありませんが、トラスロッドの方で弦高の微調整はいくらか出来そうです。フレットはリフレットされてからまだそんなに弾き込んでないようで、充分な高さが残っています。

初期の太ロゴはなかなか出てきません!お探しだった方はお早めに!

ケースは汎用のハード・ケースが付属します。

SN:16226