販売済K.YAIRI YW-1000 1979年製

SOLD OUT

  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

K.ヤイリの人気モデルYW-1000!!ハカランダの杢目も豪快なお買い得な1本!!

日本を代表する老舗アコースティック・ギター・メーカーK.ヤイリ。70年代には雨後の筍のように乱立していたアコースティック・ギター・メーカーの中で、今なお第一線で活躍する名実共にトップ・クラスのアコースティック・ギター・メーカーです。今回入荷はそんなヤイリ・ギターを長年に渡り支えてきた人気モデルYW-1000。華やかなルックスと、ハカランダSIDE&BACKのアタッキーなサウンドが人気の名モデルです!

ソリッド・スプルースTOP、ラミネイト・ハカランダSIDE&BACK(バック3ピース)、マホガニーNECK、エボニー指板&ブリッジ、実測43.3mmナット、645mmスケールのドレッドノート・ボディー。バーティカル・ロゴに45スタイル・ヘキサゴン・インレイ、45スタイルのアバロンとアバロン風セルによるロゼッタ&パーフリングのD-45スタイル。SIDE&BACKに使われているハカランダ材は合板を採用し、SIDE&BACKのパーフリングはアバロン風セルを使うなどしてコストが抑えられていますが、ロゴやポジション・マーク、トップのパーフリングは全て本物の貝が使われていますので、顔つきは非常にゴージャスなモデルです!

サウンドもアタッキーで煌びやかなゴージャスなサウンド!SIDE&BACK合板がハカランダらしいエッジ感のあるサウンドを更に強調していて、そこに貝巻きモデルならではのキラキラと煌びやかな倍音が絡み、ブライトで華やかなサウンドを響かせます。全体的にはかなりドンシャリなサウンドですが、ローもしっかり出ていて、箱鳴り感も充分に感じられます。フラットピックで掻き鳴らせば、エッジ感の強いかなり攻撃的なサウンドが得られますし、フィンガーで爪弾けばキラキラとした倍音感たっぷりの美しい音色が得られますので、あらゆるプレイ・スタイルにその個性を発揮してくれる事でしょう!

楽器のコンディションは、年式なりの経年感や使用感、いくらかの修理歴等ありますが、キズは比較的少なめで、まずまずの美品コンディションを保っています。まず修理歴としては、、恐らくネック裏の塗装の白濁が酷かったのか?ネック裏はヘッド裏からヒール部まで一度綺麗にリフィニッシュされています。リフィニッシュ後に打痕等キズも付いているので、肉眼で見る限りはオリジナルとの違和感は感じません。ボディー・トップには小さい打痕や擦り傷などそれなりに入っていますが、遠目からでも派手に目立つような不自然なキズはありませんので、70年代の楽器として見れば取り立てて気になるような箇所は無いかと思います。SIDE&BACKにも極小さい打痕やスレ程度のモノは発見出来ますが、トップに比べるとサイド&バックはかなり綺麗な状態を保っています。ジャパン・ビンテージに付きものの塗装の白濁が、ボディー・サイドの肩部にうっすらと確認出来ますが、普段ジャパン・ビンテージを見慣れている方が見れば気にもならないかと思います。同様にヘッド・トップにもふわ~っと白濁傾向になっている箇所がありますが、こちらもどうと言う事もありませんね。ネック裏は上記の通り一度リフィニッシュされています。リフィニッシュ後にぶつけたようで、2、5、8フレット裏辺りにそれぞれ打痕があります。手触りも少しガサツキを感じますが、演奏上は特に気にならないかと思います。

ネック・コンディションは良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.5mm、1弦側2.0mm程度とベストなセッティングになっています。サドルにはもうあまり余裕はありませんが、現状でも充分プレイヤビリティー良好かと思います。フレットは一度擦り合わせされているようで、現状気になるような凹みも無く、全体的にオリジナル時の8~9割程度の高さは残っていますので、まだまだ安心してお使い頂けます。

合板とは言えハカランダのお手本のような豪快な杢目も美しい1本!市場相場から考えても格安のお買い得品です!

ケースは汎用のハード・ケースが付属します。

SN:23893