Lakewood New Century Ⅲ 2006年製
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

ドイツを代表するアコースティック・ギター・ブランドLakewoodの良品中古!!

ドイツ、ヘッセン州ギーゼンに工房を構えるLakewood。マーチン・ゼーリガーにより1986年に創立されたアコースティック・ギター・ブランドで、それまではクラシック・ギターの生産が主流だったドイツに新風を吹き込んだドイツを代表するギター・ブランドです。今回入荷はそんなレイクウッドのNew Century Ⅲ。2000年頃にミレニアム・モデルとして発表されたNew Centuryの売り上げが好調だったことを受け、限定生産にてシリーズ化されていったモデルの第三弾。レイクウッドらしいシンプルながらウッディーで、センスの良い仕上げが光る逸品です!

ソリッド・シトカ・スプルースTOP、ソリッド・マホガニーSIDE&BACK、マホガニーNECK、エボニー指板&ブリッジ、実測44.6mmナット、650mmスケールのグランド・コンサート・カッタウェイ・ボディー。ボディー・サイズ的には幅も厚みもマーチン000サイズよりも僅かに大きく、抱えた時には身体にぴったりとフィットするボディー・デザイン。New Centuryシリーズに共通する象形文字のようなサウンドホール・リングをアバロン・ロゼッタが取り巻き、ボディー・バインディングは美しいカーリー・コアで縁取られた、ウッディー且つ華やかな仕上がりもレイクウッドらしいセンスの高さを伺わせる存在感のあるモデルです!

そのサウンドはシトカ・スプルース×マホガニー・ボディーの素直で透明感のある美しいサウンド!音の立ち上がり、反応も良く、素直にストレスなく抜けてくれるサウンドで、弾き手のピッキング・ニュアンスを正確に発音してくれます。レイクウッドは主にフィンガーピッカーからの人気が高いブランドですが、弱いタッチから強いタッチまでコントロールがし易く、フィンガーピッカーに支持されるのもなる程納得のサウンドです。逆にフラットピックでガシガシ弾くと、音がやや暴れすぎる感じもしますので、あまりハードなプレイには向かないように思いますが、軽めのストロークであれば、爽やかでバランスの良いストローク・サウンドを響かせますので、歌モノのバックなんかには充分に使えるサウンドかと思います!

楽器のコンディションは、ポツポツと小キズは点在していますが、遠目からでも目立つような派手なキズやダメージは無く、まずまずの美品コンディションと言えるでしょう。パッと見にはキズはほとんど目立ちませんが、光にかざして子細に眺めていくと、1弦側のサウンドホール脇、通常PGが貼られている辺りには、爪でコツコツとやったような塗膜の凹みが集中しています。その他にもボディー・トップには光の反射で分かる程度の極浅い打痕が幾つか確認出来ますが、塗膜の薄さを考えれば、まぁこのくらいのキズは致し方ないだろうな、、くらいの感じです。SIDE&BACKは取り立てて気になるようなキズも無く、かなり綺麗なコンディションを保っています。ネック・ヒール部にポツポツとした塗装の白濁がありますが、表面上はフラットに綺麗で、ネック裏からヘッドに掛けても非常に綺麗な状態を維持しています。

ネック・コンディションも良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側、1弦側共に1.9mm程度と、完全にフィンガーピック・セッティングになっていてプレイヤビリティーは最高です。サドルにももう少し余裕がありますが、6弦側はさすがにこれ以上弦高を落とす必要は無いかと思います。フレットはローフレットにいくらか減りが見られますが、一番減っている箇所でもオリジナルの8割以上の高さは残っていますので、まだまだ安心してお使い頂けます。

ギターの出来、サウンド・クオリティーから考えれば非常にお安い掘り出し物の1本です!

オリジナル・ハード・ケース付き

SN:17011