販売済Nagasaka Guitars<Leaf Insturments> Custom 椿/Tsubaki 2022年製

SOLD OUT

  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

見た目もサウンドもちょっと唸る程美しい、新進気鋭の若手ルシアー、長坂幸彦氏の手による逸品!!カスタム椿のほぼほぼ新品の極上中古が入荷です!!

岐阜県美濃加茂市に工房を構えるLeaf Instruments。若手ルシアー長坂幸彦氏が2010年に立ち上げた個人工房です。長坂幸彦氏は1987年岐阜県可児市の生まれ。ギター製作の専門学校を出た後、バイオリン製造では最古の老舗メーカー、スズキ・バイオリンに入社し、生楽器の製作ノウハウの技術を磨いていきます。2010年に立ち上げたLeaf Instrumentsは2014年に工房を移転、遂に独立したギター・ビルダーとしての道を歩みだします。今回入荷はそんな長坂氏が2022年に手掛けたCustom Tsubaki。工芸品のような美しさと深みのあるサウンドが魅力の珠玉の逸品です!

ソリッド・ジャーマン・スプルースTOP、ソリッド・マッカーサー・エボニーSIDE&BACK、ホンジュラス・マホガニーNECK、エボニー指板&ブリッジ、ブルー・バール・ヘッド・プレート&ロゼッタ、実測44mmナット、645mmスケールのオリジナル・フローレンタイン・カッタウェイ・ボディー。ボディー幅は約395mm、ボディー厚は約115mmと、マーチンで言うところのOMボディーより僅かに大きいサイズ感です。コンパクトで抱えやすく、取り回しのしやすいモデルとして設計されており、腕の中での収まりの良さは抜群です。独創的なデザインのカッタウェイは、ネック・ヒール部を極限まで削り込むことでハイ・フレットでもストレスなくフィンガリング出来るよう工夫されています。ブレーシングも独特で1弦側と6弦側で高さを変えているようです。その為、マッカーサー・エボニーという重厚な木材ながらレスポンス良く発音され、クリアーでバランスの良いサウンドに仕上がっています!

そのサウンドはしっかりとローが効いたサウンドながら、ハイからローまでバランスよく発音され、煌びやかでありながらふくよかな奥行きも感じられる素晴らしいサウンドになっています!長坂さんのもう一つの代表作「葵」に低音鳴りを足すよう設計されたのがこの「椿」の特徴のようです。以前当店に入荷した「葵」のサウンドの記憶からしても確かにローの出は良いように感じますが、、ローがどうこう言うよりは、奥行き感とふくよかさ、艶っぽい色気がマシマシになった感じで非常に良く出来たギターだと思います。弾き語りやフィンガー・スタイルを意識して作られているようですが、フラットピックでストロークすれば、かなりの音圧感が得られますので、オール・ジャンルOKのサウンドかと思います。豊かで奥行きのある中低域に、芯のしっかりした、それでいて煌びやかな倍音も伴った高音がブレンドされ、洗練された音量感たっぷりのサウンドをご堪能頂けます!

楽器のコンディションは、ほとんど使用感の無い新品同様の極上コンディションです!光にかざして子細に眺め回して見てもキズらしいキズ一つ見つかりません。超神経質に言うなら、バックの塗装に僅かな引け程度は確認出来ますが、こちらはニトロセルロース・フィニッシュならではの経年感ですね。

ネック・コンディションも良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.2mm、1弦側1.7mm程度と非常に弾き易いセッティングになっています。サドルにもまだ充分な余裕がありますが、さすがにこれ以上弦高を落とす必要は無いでしょう。フレットの減りも無く、ほぼ10割の高さが残っています。

現状新品さえもなかなか試すことの出来ない稀少な作家の作品。前オーナーの方は新品同様中古で100万円で手に入れたようですが、、そのままの状態でこのお値段なら欲しかった人にとっては大チャンスかと思います!

オリジナル・ハード・ケースもギターのデザインに合わせてブルー。めっちゃ細かい箇所まで気配りが感じられますね!

SN:168