MARTIN D-18 1981年製
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

近年急速に評価が上がってきた80年代初頭のマーチン!!81年製D-18の入荷です!!

1932年に生産が開始されて以来、常にD-28の好敵手として在り続け、ミュージック・シーンを支えてきた人気モデルD-18。マーチンと言えばとにかくD-28が中心的な存在ですが、D-18こそがマーチンのマーチンたるサウンドだと言うファンも多く、D-28と並び永遠のスタンダードと呼ぶに相応しいマーチン社が生み出した傑作モデルです!今回入荷は81年製の1本。アコースティック・ギター・ムーブメントの終焉を受け、マーチン社では70年代終わり頃から80年代初頭に掛けて大幅なリストラが敢行されました。その為、80年代前半にマーチン社に残った職人は腕の立つ職人ばかりとなり、この頃に作られたマーチンは当り外れが無く、均一に高品質なものを世に送り出していたとして、近年80年代初頭のマーチンは高い評価を受け注目を集めています!

スプルースTOP、マホガニーSIDE&BACK、マホガニーNECK、ローズウッド指板&ブリッジ、スクウェア・チューブ・ロッド、実測43mmナット、25.4インチ・スケールのマーチン伝統のドレッドノート・ボディー。ペグは80年代初期の一時期だけ採用されていたスパーゼル社製のマーチン・ロゴ入りペグが付いた個体です。

サウンドはマホガニーらしい素直で透明感のあるサウンドながら、ガツンと響く力強さも兼ね備えたクリアー且つパワフルなサウンド!一般的に80年代初期のマーチンは70年代に比べ、音がややタイトで硬質になるイメージがありますが、こちらの個体も70年代のような芯の太さはありながらも、はっきりとしたエッジ感のある存在感のあるサウンドを響かせます。フラットピックでかき鳴らせば、マホガニー・ボディーのライトなサウンドながら、押し出しの強いパワフルなサウンドを響かせますし、フィンガーで爪弾いても適度なサスティーンを伴った、艶やかで伸びのあるサウンドを奏でますので、プレイ・スタイルやジャンルを問わずお使い頂ける、正にワールド・スタンダードなサウンドをご堪能頂けることと思います!

楽器のコンディションは、年式なりの小キズや使用感、経年感などありますが、ビンテージとして見て特に気になるような箇所も無く、まずまずのコンディションを保っています。この年代のマーチンに付きもののマーチン・クラック(PGのラインに沿って入る木部のクラック)は奇跡的に無く、PGもオリジナルを保っています。PGのエッジ部分はいくらか剥がれかかっていますが、それ故に木部に割れが入らなかった事を思えば致し方ない部分かと思います。もう少し剥がれてくれば、処置のしようもありますが、現状ではこのままお使い頂くのがベストな選択かと思います。もちろん交換してしまう事は簡単なので、ご希望があればご相談ください。PG周りにはピッキングに因りいくらか塗装が剥がれている箇所もあり、6弦側の方にもピッキングキズはそこそこ付いています。その他にも小さい打痕や擦り傷、ウェザーチェックなども入っていますが、30年以上使われてきた楽器として見ればまぁ普通かと思います。ネック裏は気になるような打痕やカポキズも無く、手触りもスムーズです。過去にPUを搭載していた時期があるようで、エンドピンはオーバーサイズの物に交換されています。

ネック・コンディションも良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.5mm、1弦側2.0mm程度とベストなセッティングになっています。サドルにももう少し余裕がありますので、更なる弦高の微調整も可能です。フレットは全体的に少し減りが見られますが、極端に凹んでいるような箇所は無く、一番減っている箇所でもオリジナルの8割以上の高さが残っていますので、まだまだ安心してお使いいただけます。

極美品とは言えませんが、ビンテージらしいオーラと貫禄のあるサウンド&ルックスのお求めやすい価格の1本です!

ケースは90年代マーチン・ケースが付属しています。

SN:430824