MARTIN D-18 1982年製
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

80年代マーチンらしい立ち上がりの良い澄んだサウンド!!82年製D-18!!

1932年に生産が開始されて以来、常にD-28の好敵手として在り続け、ミュージック・シーンを支えてきた人気モデルD-18。マーチンと言えばとにかくD-28が中心的な存在ですが、D-18こそがマーチンのマーチンたるサウンドだと言うファンも多く、D-28と並び永遠のスタンダードと呼ぶに相応しいマーチン社が生み出した傑作モデルです!今回入荷は82年製の個体。80年代はアコーステッィク・ギターにとって冬の時代で、各社売り上げが低迷しました。マーチンも80年代には生産規模を縮小し、70年代から急激に生産本数はダウンします。この時期のマーチンは腕の良い職人だけが残り、クオリティーの高い製品を世に送り出していたとして、近年急速に評価を高めている時代の1本です!

スプルースTOP、マホガニーSIDE&BACK、マホガニーNECK、ローズウッド指板&ブリッジ、実測43.5mmナット、25.4インチ・スケールのマーチン伝統のドレッドノート・ボディー。年式なりの貫禄はありながらもキズの少ない良品ビンテージです!

そのサウンドは、マホガニー・ボディーらしい素直で透明感のある、弾力性にも富んだサウンドでありながら、音の立ち上がりの良いややタイトなサウンド!80年代マーチンは全般的に70年代に比べ個体差のムラが少なく、やや硬質なサウンドになります。その分音のボリューム感は増しますので、70年代D-18だと少し音がもたるとか、やや音が甘過ぎるなんてお考えの方にはぴったりなサウンドかと思います。とは言え、マーチンならではの中域のしなるような弾力性もしっかりありますので、あらゆるプレイ・スタイルでその美しいサウンドをご堪能いただける事と思います。フラットピックで掻き鳴らせば、ややエッジ感の強いブライトでパワフルなサウンドを響かせますし、フィンガーで爪弾けば、マホ・ボディーならではの素直で艶のある美しいサウンドをご堪能頂けます!

楽器のコンディションは、年式なりの小キズや使用感、経年感などありますが、遠目からでも目立つような派手なキズやダメージは無く、まずまずの美品コンディションを保っています。PGは交換されていますが、かなり早い時期に交換したのか、この年代のマーチンに付きもののマーチン・クラックはありません。PG自体も綺麗に面取りされたPGをオリジナル位置に上手く落とし込んでいますので、見た目の違和感もなく、自然な仕上がりになっています。コツコツとぶつけたような小キズや擦り傷はそれなりに入っていますが、小さく浅いキズばかりですので、ビンテージものとして見て気になるような箇所は無いかと思います。ボディーにはうっすらとちりめん状のウェザーチェックも入っていますが、こちらは逆に貫禄につながっていますね。ローフレットに押弦の跡も少しついていますが、指板が削れているほどでも無いので、演奏上は全く気にならないかと思います。

ネック・コンディションも良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.2mm、1弦側1.9mm程度と非常に弾き易いセッティングになっています。サドルにももう少し余裕がありますので、更なる弦高の微調整も可能です。フレットは過去にリフレットされていて、更にいくらかの減りが見られますが、極端に凹んでいるような箇所は無く、高さもまだ充分に残っています。

探してみると意外に少ない80年代前半のマーチン。最近はこの辺の年式のマーチンをお探しの方も多いはず。お探しだった方は是非お見逃しなく!

ケースはゲーターのかなりしっかりしたモールド・ケースが付属しています。

SN:438561