MARTIN D-18 SB 1977年製
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

個体数の少ないサンバースト・フィニッシュのD-18!!サウンド、コンディション共に抜群です!!

1932年に生産が開始されて以来、常にD-28の好敵手として在り続け、ミュージック・シーンを支えてきた人気モデルD-18。マーチンと言えばとにかくD-28が中心的な存在ですが、D-18こそがマーチンのマーチンたるサウンドだと言うファンも多く、D-28と並び永遠のスタンダードと呼ぶに相応しいマーチン社が生み出した傑作モデルです!今回入荷は77年製のサンバースト・フィニッシュの1本!サンバースト自体珍しいですが、それにもまして滅多に見ない素晴らしいコンディションの1本です!

スプルースTOP、マホガニーSIDE&BACK、マホガニーNECK、ローズウッド指板&ブリッジ、実測43mmナット、25.4インチ・スケールのマーチン伝統のドレッドノート・ボディー。シンプルな装飾と透明感のあるサウンドが魅力のモデルです。

サウンドはマホガニーらしい素直で透明感のある音色ながら、ボディーが良く反応していて、思いの外ラウドなサウンド!ハイからローまでバランスよくフルレンジに鳴ってくれ、マホガニーらしい明るく弾力性に富んだサウンドでありながら、押し出しの強いパワフルさも感じます。フラットピックからフィンガーピック、ソロまでオールマイティーにこなせるテッパンサウンドです!

楽器のコンディションは目立たない小キズはそれなりに有りますが、ぱっと見にも目立つような派手なキズやダメージは無く、年式から考えると相当綺麗なコンディションを維持しています!小さい当てキズや擦りキズなどはよくよく見ていくと相当数ありますが、それらのほとんどは光にかざして光の反射を利用して見て初めて気付く程度の小さく浅いキズばかりですので、70年代のギターを買おうとしている方から見て、気になるようなキズは無いかと思います。そしてこの年代のマーチンには付きもののマーチン・クラック(PGのラインに沿って入る木部の割れ)も無く、ピックガード自体も奇跡的にオリジナルを維持しています!捲れや変形もありませんので、今後もオリジナルの状態を維持していけるでしょう。そしてネックは過去にリセットされていて、ネックの差し角も理想的、ブリッジの厚みもオリジナルを維持しつつ、サドルも充分に出ていますので、今後長年使い込んでいくにも安心な素晴らしい状態です!ブリッジ裏には貼り付けタイプのPUが取り付けられていて、エンドピンはエンドピン・ジャックに変わっています。PU自体はパッシブの昔ながらのPUですが、思いの外音圧があり、ナチュラルなエレアコ・サウンドが得られますので、案外このままでも使えそうな気がします。

ネック・コンディションも良好で概ねストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.5mm、1弦側1.8mm程度と非常に弾き易いセッティングになっています。上記の通りサドルにもまだ充分な高さが残っています。フレットは過去にリフレットされていて現状気になるような凹みも無く、高さも充分に残っています。

じわじわと高騰を続ける70年代18。ばっちり調整されたこのコンディションでこの価格なら絶対お買い得かと思いますよ!

オリジナル・ブルー・ケース付き

SN:392218