MARTIN D-35 1973年製
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

やや特徴的な修理跡有りの為、格安の70年代D-35!!

木材の有効活用を目的に1965年から生産が開始されたD-35。それまでのマーチン・ギターには無い3ピース・バックという特徴を持つこのモデルは、その構造ゆえに独特の音色を生み出し、今なおマーチンらしいサウンドを持つギターとして不動の人気を誇るモデルです。その甘く豊潤なサウンドは特にフォーク系やフィンガー系のミュージシャンからの支持が熱いマーチン・ギターが生み出した名器の1つです。今回入荷は73年製の個体。PG脇のマーチン・クラックの補修跡が結構目立つため、格安でのご提供です!

スプルースTOP、ローズウッドSIDE&BACK(バック3ピース)、マホガニーNECK、エボニー指板&ブリッジ、実測42.5mmナット、25.4インチ・スケールのマーチン伝統のドレッドノート・ボディー。

サウンドは70年代D-35にしてはややエッジのきつさが感じられる比較的ブライトなサウンド!一般的な70年代D-35のサウンドのイメージは、ふわっと柔らかく、耳当たりの優しい丸めのサウンドを想像しますが、こちらの個体は1、2弦のエッジ感がきつく、全体的にややブライトなサウンドのように感じます。1、2弦がややエッジーに耳に刺さる感じがありますが、中低域のまろやかさはやはり35そのもののサウンドです。ボディー内部のブレーシング剥がれの修正跡など見ると、接着剤が染み出すくらいにかなり強固に修理されていますので、その辺で音が少しタイトになっているのかも知れません。フラットピックで掻き鳴らせば、マーチンらしいふくよかさはありながらも、エッジ感が強めのブライトなサウンドを響かせますので、一般的な35サウンドだと少し大人し過ぎて物足りない、、なんて方には丁度良いかも知れません。フィンガーで爪弾けば、いかにも35らしいボディーの中でたっぷりと反響し合うようなふくよかなサウンドが得られますので、あらゆるプレイ・スタイルでこの個体特有のサウンド・バランスをお楽しみ頂ける事と思います!

楽器のコンディションは年式なりの小キズや使用感、経年感があります。まず目に付くのがマーチン・クラックの補修跡。どうやらオリジナルのPGを剥がす際にPG外側の木部も一緒に剥がれてしまったようで、PG外側に特徴的な修理跡が確認出来ます。杢目自体はちゃんと繋がっているので、木部の欠損では無いようですが、修理に当たりウッドパテか何かを使っているように感じます。ボディー内部からも少し大きめのパッチが貼られ、しっかりと接着されていますので、強度的な心配はありませんが、見た目少し目立ちます。PG自体は角が丸められたPGに交換されていますので、見た目も自然に仕上がっています。また、よくよく見ないとまず気付きませんが、ブリッジも貼り直しされているようです。その他の修理改造歴としては、、過去にPUを搭載していたようで、エンドピンはオーバー・サイズの物にリプレイスされています。ネック・ヒールにストラップピンの増設があり、ペグは近年物のグローバーに交換されています。その他は年式なりの小キズや使用感などありますが、70年代マーチンとして見て、取り立てて気になるような箇所は無いかと思います。

ネック・コンディションは良好で概ねストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.5mm、1弦側2.0mm程度とベストなセッティングになっています。サドルにはもうほとんど余裕はありませんが、現状でも充分プレイヤビリティー良好かと思います。フレットは擦り合わせされた上でいくらかの減りも見られますが、一番減っている箇所でもオリジナルの6割程度の高さが残っています。

リーズナブルな70年代マーチンをお探しの方に是非オススメの格安の1本です!

ケースは一見ブルー・ケースに見えますが、、、当時マーチンのブルー・ケースを作っていたメーカーのオリジナル・ケースになります。初期のM-38に付いていたケースのブルー・バージョンですね。かなりヘビーな使い方をしていたようで、ケースの角々のプラが割れ、中の緩衝材がかなり顔を出していますが、普通に持ち運びする分には何ら支障はありません。

SN:314269