販売済MARTIN HD-28 1991年製

SOLD OUT

  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

とても30年近く前に作られた楽器とは思えない、コンディションばっちりのHD-28!!

HD-28は永遠のスタンダード・モデルD-28のスキャロップ・ブレーシング&ヘリンボーン・トリム・バージョンとして1976年より生産が開始されました。いわゆる戦前スペック・モデルとして長きにわたり人気を博してきましたが、1996年から生産の始まったHD-28VR(後にHD-28V)の登場により、少し影の薄い存在になってしまいました。より戦前のスペックにこだわったHD-28Vに比べ、やや中途半端なスペックとなってしまった訳です。しかしながらロー・プロファイル・ネック・グリップやノン・フォワード・シフト・スキャロップ・ブレーシングなど、このモデルならではのスペックもあり、試してみると意外に使える、いいとこ取りのモデルともいえる訳です!しかも去年あたりからはHD-28スタンダード(2018)みたいなモデルまで登場して、28スタイルだけで一体何種類のモデルが有るんだ?って感じですが、、、ビンテージ色を強くした2018モデルを買うくらいならHD-28やHD-28Vに行けばいいと思うのは私だけでしょうか、、、(笑)

スプルースTOP、ローズウッドSIDE&BACK、マホガニーNECK、エボニー指板&ブリッジ、ロー・プロファイル・ネック、ノン・フォワードシフト・スキャロップ・ブレーシング、ヘリンボーン・トリム、ショート・サドル、42.9mmナット、25.4インチ・スケールのマーチン伝統のドレッドノート・ボディー。スキャロップ・ブレーシングのサウンドが好きだけど、Vシェイプのネックは苦手、、という方や、フォワード・シフトだと音が少し広がり過ぎる、、なんて方には是非お試し頂きたいモデルです!そして91年当時はまだロゴがデカール・ロゴっていうのもポイントです!現行の光輝く焼き付けロゴより、このデカール・ロゴの方が良いという方は多いはず。またペグもまだシャーラー製のマーチン・ペグって辺りもプチ・ポイントです!

サウンドはD-28のようなタイトにストレートに飛ぶサウンドと、HD-28Vのような倍音感豊かなサウンドを併せ持ったサウンド!スキャロップ・ブレーシングならではの倍音感は有りながらも、HD-28Vほど広がり過ぎず、ややタイトに前に飛ぶサウンドで、D-28とHD-28Vの中間的なサウンドです。しっかりとした低音に煌びやかな高音がミックスされ、重過ぎず、軽過ぎずのバランスの良いサウンドですので、D-28だと何か物足りないけど、HD-28Vだと音が広がり過ぎる。。なんてお考えの方にはぴったりのサウンドかと思います!

楽器のコンディションは、年式から考えると恐ろしく綺麗なコンディションを保っています!経年に因る塗装の焼けがありますので、さすがに新品には見えませんが、それがかえってこの楽器の貫禄とオーラに繋がっていて存在感のある佇まいです。光にかざして子細に眺めていくと、極わずかな打痕や擦り傷、スレなどいくつか発見出来ますが、ぱっと見に目立つようなキズは無く、キズに敏感な方でも充分納得できる美品コンディションです。過去にセル・バインディングが縮んだようで、バックのセル・バインディングは再接着され、ネック・ヒール下の部分に2mmほどの継ぎ足しがありますが、、、まぁこればかりはマーチンでは避けれられない現象ですね。

ネック・コンディションもばっちりストレートで、この時代のネック仕込みの精度の高さが窺えます。現状での弦高は12フレット上で6弦側3mm、1弦側2.3mm程度と、昨今の流行からすると気持ち高めですが、サドルにはまだ余裕がありますので、お好みの弦高にセッティング可能です。フレットはローフレットに僅かに弦の跡が付いている程度で、一番減っている箇所でもオリジナルの9割程度の高さが残っています。

非常に綺麗なコンディションでありながら、しっかり弾いてこられた音のこなれ感もある、お買い得な逸品です!

オリジナル・ハード・ケース付き

SN:510854