販売済MARTIN OMC-16E 2003年製

SOLD OUT

  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

取り回しのしやすいカッタウェイ・エレアコ!!マーチンOMC-16E!!

マーチンのOMC-16Eが入荷しました!マーチンの16シリーズは1990年代から始まった比較的新しいシリーズ。伝統のマーチン・モデル同様オール単板ボディーを採用しながらも、ネック・ジョイントはボルト・ジョイントにするなどでコスト・ダウンを図り、より多くのプレイヤーにマーチン・ギターの門戸を開いた名シリーズです。今回入荷は2003年製のOMC-16E。2003年頃はOMC-16EだのGTEだのPremiumだの似たようなモデルが沢山あって何が何だか分かりませんが(汗)、PU付きのカッタウェイは共通していて、まぁマーチンのお手頃エレアコ・ラインナップと言ったところでしょうか?

ソリッド・スプルースTOP、ソリッド・マホガニーSIDE&BACK、マホガニーNECK、ブラック・ミカルタ指板&ブリッジ、スキャロップ・ブレーシング、44.5mmナット、25.4インチ・スケールのオーケストラ・カッタウェイ・ボディー。PUシステムはシャートラーのブルー・スティックが搭載されていますが、このPUがオリジナルなのか、後からPUユニットが交換されているのか定かではありません。

生音は反応が良く爽やかに抜ける美しいマホガニー・サウンドです!OMボディーで音の立ち上がりが早く、且つスキャロップ・ブレーシングによる適度なしなり感、広がり感を伴ったサウンドで、嫌みなくすっきりとした爽やかなサウンドをご堪能頂けます。ローズウッド・ボディーのような音の重厚さは感じられませんが、逆に軽く爽やかに響くサウンドは、フラットピックからフィンガー、ソロ・プレイまでクセの無い素直なサウンドで、使い勝手は良いかと思います。プラグインした時のエレアコ・サウンドも、あまりピエゾ臭くなくナチュラルなエレアコ・サウンドが得られます。

楽器のコンディションは、ちょこちょこと小キズは有りますが、作られてから15年以上経つギターとして見れば、キズは少なめでまずまずの美品コンディションを保っています。ボディー・トップのカッタウェイ部に6mmほどの何か硬いものをゴリゴリとぶつけたようなキズがあり、見る角度によってはいくらか目立ちます。それ以外は、ブリッジ下に1mm強のポチキズ、1フレット・ネック裏に同じく1mm強のポチキズが1つあるくらいで取り立てて気になるようなキズは無いかと思います。ネック裏のキズもポチッとぶつけた程度の浅いキズなので、演奏上引っ掛かるような事も無く、特に気にはならないでしょう。

ネック・コンディションも良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.5mm、1弦側2.0mm程度とベストなセッティングになっています。サドルにももう少し余裕がありますので、更なる弦高の微調整も可能です。フレットの減りもほとんど無く、ほぼほぼ10割の高さが残っています。

生ギターとしても充分に使える取り回しの良いギターをお探しの方に是非オススメの1本です!

オリジナル・ハード・ケース付き

SN:940290