MARTIN OO-18 1962年製
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

軽やかで抜けの良いサウンド!!プレイ・コンディション良好の62年製00-18!!

000サイズよりも更に反応が良く粒立ちの良いサウンドで、且つ0サイズほどボリューム感も損なわれないところから近年非常に人気の高い00サイズ。プロ・ミュージシャンの00サイズの愛用者も多いせいか、近年では000サイズと変わらない相場観になってきました。今回入荷は62年製の個体。50年代~60年代前半の個体は探してみると意外に少ない貴重な1本です!

スプルースTOP、マホガニーSIDE&BACK、マホガニーNECK、ハカランダ指板&ブリッジ、実測43mmナット、24.9インチ・スケールの00サイズ・ボディー。000サイズとは横幅で僅か1.8cm弱しか違わないのですが、抱え心地はかなりコンパクトで、ライブやレコーディングなどには勿論のこと、ご家庭用の寛ぎタイム・ギターとしても重宝する事間違いなしの取り回しの良いモデルです!

サウンドは音の立ち上がりが良く、素直に綺麗に音が抜けてくれます。このサイズならではの粒の揃ったサウンドと、ビンテージならではの枯れたマホガニー・トーンが相まって、枯れていながら弾力性のある優しいサウンドで、奥の深い癒しのサウンドをご堪能頂けます!このサイズのギターはあまりフラットピック向けではないと思いますが、フラットピックでストロークなんかしても、反応良く、素直で嫌みの無い爽やかなマホガニー・トーンが得られますし、フィンガーで爪弾けば、年を経てこそ表現できる奥行きの有る艶やかな色気のあるサウンドをご堪能頂けます!

楽器のコンディションは、キズの類は年式の割には少なめですが、いくつかの修理歴があります。まずボディー・トップの6弦側のエンド部付近、ちょうど弾く時に腕で隠れる辺りに8cmほどのクラック・リペアーがあります。割れてから比較的早めに処置したのか、表面上もそんなには目立ちません。裏からは補強のクリートが打たれていますので、強度的な心配もありません。また、塗り込みPG時代のマーチンに付きもののマーチン・クラックはPG内側のラインに沿ってあります。こちらも接着修理され補強も打たれていますので、この年代のマーチンでは仕方のない事でしょう。PGはオリジナルのままのべっ甲柄PGがキープされています。そしてボディー・バックの6弦側エンド部を何かで強打したようで、幅1~2cm、長さ9cmほどに渡ってクラッシュした跡が確認出来ます。2本のクラックがVの字状に入り、その間の木が飛び出してきたようですが、そのまま強引にガッチガチに接着され、少し飛び出た部分は削り落とし、その周辺をオーバー・ラッカーしたようです。ですので、ボディー内部に光を入れて確認すると、削った部分の内側は逆に少し凹んだ感じになっています。しかし接着自体は相当強固で、今後このまま使っていくにも問題はなさそうです。表側、表面上は縦横20㎝くらいオーバー・スプレーされていますので、表面上はフラットになっています。その他は細かいピッキングキズや擦り傷、ウェザーチェックなどそれなりに入っていますが、年式から考えて取り立てて気になるような箇所は無いかと思います。

ネックは過去にリセットされていて、ネックの差し角は理想的、ネック自体も綺麗にストレートです。現状での弦高は12フレット上で6弦側2.5mm、1弦側2.0mm程度とベストなセッティングになっています。サドルにもまだ充分な余裕がありますので、更なる弦高の微調整も可能です。フレットもリフレットされたばかりのようで、気になる凹みも無く、充分な高さが残っています。

多少修理履歴はありますが、弾くための楽器としてはばっちり調整が行き届いた、プレイ・コンディションもサウンドも大納得の1本です!

ケースは汎用のハード・ケースが付属します。

SN:185097