販売済みMorris Special W-100 1970年代
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

顔付きめっちゃカッコいいモーリス・スペシャルW-100!!

ヤマハと並び70年代フォーク・ブームを牽引してきた大手楽器メーカー、モーリス。「モーリス持てばスーパースターも夢じゃない!」をキャッチフレーズに70年代から80年代初頭に掛けて売れに売れていた日本を代表するアコースティック・ギター・ブランドです。モーリスはその全盛期、自社工場だけでは生産が追い付かず、色んな工場にOEM生産してもらい何とか受注数をこなしていた時期がありました。それが今回入荷のモーリス・スペシャルW-100です。作り込みなどから見て、恐らくSヤイリ製と思われる1本です!

ソリッド・スプルースTOP、ラミネイト・ハカランダSIDE&BACK(バック3ピース)、マホガニーNECK、ローズウッド指板&ブリッジ、実測43.8mmナット、650mmスケールのドレッドノート・ボディー。トップは当時のカタログにはスプルース単板としか表記がありませんが、色合いから見てジャーマン・スプルースじゃないかと思います。アバロン貝のヘキサゴン・インレイに41スタイル・アバロン風トリム。ボディー・トリムも一見本物のアバロンに見えますが、、たぶん高級なアバロン・セルかと思われます。バックには高級じゃないアバロン風セルが巻かれています(笑)

サウンドはしっかりと身の詰まったパワフルなサウンド!音の芯が太く、一音一音しっかりとした存在感を持って鳴る感じもSヤイリ製を思わせます。決して上品なサウンドではありませんが、武骨で豪快に鳴るサウンドはいかにも昭和のフォーク・サウンドで、何とも言えず落ち着きます。フラットピックでかき鳴らせば、エッジ感のある野太くパワフルなサウンドが得られますし、フィンガーで爪弾いても芯のしっかりした適度なサスティーンを伴ったサウンドが得られますので、プレイスタイルやジャンルを問わず、オールマイティーにお使いいただけるマルチなサウンドかと思います。特に昭和のフォーク・ソングを演るにはドンピシャなサウンドかと思います!

楽器のコンディションは年式なりの小キズや経年感はありますが、正面から見た画は非常に綺麗です!細かいコツキズや擦り傷は散見できますが、遠目にも大きく目立つキズは無く、非常にカッコいい顔付きです。エンド部付近の打痕が少~し目立つかな?ってとこです。SIDEにもいくらかのキズはありますが、取り立てて気になるような箇所は無いでしょう。問題はバックで、、、ジャパン・ビンテージに付きものの塗装の白濁が局地的にかなり強烈に出ています。6弦側のバックは縦にほぼ真っ白ですが、、まぁ構えちゃえば見えませんし、、汗、汗、、、この白濁さえ無ければ相当綺麗なコンディションなんですがねぇ。。

ネック・コンディションは良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.6mm、1弦側2.0mm程度とベストなセッティングになっています。サドルにももう少しだけ余裕がありますので、いくらかのアジャストは可能です。フレットは特に気になるような凹みも無く、まだ充分な高さが残っています。

数あるモーリス・ギターの中でも特に人気の高いモーリス・スペシャル!お探しだった方はお早めにご検討下さい!

ケースは汎用のハード・ケースが付属します。