販売済Ovation 1117-1 Legend 1975年製

SOLD OUT

  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

コレクター必見!!オベーション最古のモデル、レジェンドの75年製生アコの入荷です!!

その画期的なデザインと芯の太いエレアコ・サウンドで、80年代から90年代に掛けて一大センセーショナルを巻き起こしたオベーション。中でも1976年から生産が開始されたスーパー・アダマスは、カーボン・グラファイト・トップという従来のアコースティック・ギターの常識を覆す革新的なスペックを持ち、オベーション・ブランドのトップ・モデルとして君臨、80年代~90年代に掛けて活躍したミュージシャン達はこぞってこのスーパー・アダマスを愛用していました。今回入荷はそんなスーパー・アダマス誕生までのオベーションを支えた生アコ・モデル、レジェンド。オベーションがシリアル・ナンバー管理を始めるのが1972年からですから、なかなか現存しない超初期の貴重な1本という事になります!

ソリッド・スプルースTOP、リラコードBODY、マホガニー/メイプル/ウォルナット5ピースNECK、エボニー指板、ウォルナット・ブリッジ、実測43.2mmナット、25.25インチ・スケールのディープ・ボウル・ノン・カッタウェイ・ボディー。レジェンドはデラックス・バラディアーというモデル名でオベーション設立間もない1967年から生産が開始されます。その後72年にモデル名がレジェンドに変更され、以降近年に至るまで生産が続けられていた、オベーション最古にして最長のモデルです!

サウンドはゴンゴンとローの効いた独特のオベーション・サウンドにしっかりと伸びのあるサスティーンが絡み、普通の生アコとはまた一味違うアコースティック・サウンドを響かせます!80年代頃までのオベーションは、90年代以降の物と比べると、ボディー自体が重く、それ故に太くパンチの効いたサウンドが得られますので、多くのオベーション・ファンが90年代以前のオベーションを重宝がるのもその辺に由来しているのでしょう。バウンバウンと弾むような中低域にボウル・バックならではの独特なリバーブ感、ツルンとした粒立ちの良い高音などが一体となり、しっかりとした生アコ・サウンドでありながら、オベーションらしさも損なわれない、なかなか魅力あるサウンドをご堪能頂けます!

楽器のコンディションは、小キズこそ点在していますが、年式から考えれば非常に綺麗なコンディションを維持しています!オベーションにありがちなトップの波打ちも無く、トップの状態も良好です。ブレーシングの接着剤の影響で、見る角度によってレントゲンのようにブレーシングの跡が浮き出て見えますが、こればかりは経年に因るものなので致し方ないですね。細かい打痕や擦り傷、うっすらとしたウェザーチェックも確認出来ますが、いずれも気になる程では無いと思います。サウンドホール・ロゼッタの飾りは一度剥がれてきたのか、再接着され少し接着剤がはみ出したような跡が確認出来ます。ネックの裏は、5ピースの木材の収縮率の違いで触ると少し段差を感じますが、こちらも構造上致し方ない部分ですね。ナット裏辺りにピッとウェザーチェックが入っていますが、ネック・クラックやトラスロッドに押されて入った塗装割れではありません。トラスロッドもしっかり効いていて、まだどちらの方向にも余裕があります。

ネック・コンディションも良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.5mm、1弦側1.8mm程度と非常に弾き易いセッティングになっています。サドルにはもうほとんど余裕がありませんが、現状でも充分プレイヤビリティー良好です。フレットは全体的に擦り合わせされているようで極端に凹んだような箇所は無く、一番減っている箇所でもオリジナルの7~8割程度の高さが残っています。

インナーラベルもファンには堪らない初期シルバー・プレートの逸品!

ケースもオリジナルのブラウン・ケース。2か所ほど割れが入っていますが、サッシの閉まりは悪くありません。同じブラウン・ケースでも3種類くらいあって、こちらの個体に付いているケースはヘッド部が細く、くびれのある一番古いタイプです。このケースだけを探しているマニアも居るようですので、トータルで考えれば超絶お買い得な1本かと思います!

SN:056617