Rider J-401 1977年製
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

ヘッドウェイ・ギターの原点!!林ライダーのサザン・ジャンボ・タイプJ-401!!

ライダーは現在ヘッドウェイの会長である八塚恵氏が林楽器に製作を依頼し作らせていたブランド。ライダー・ブランド自体は1975年頃~78年頃までの短い期間しか生産されませんでしたが、このライダー・ブランドを機に八塚氏と現ヘッドウェイのマスター・ルシアー百瀬恭夫氏が運命的な出会いを果たします。百瀬氏の楽器作りに懸ける情熱と技術に惚れ込んだ八塚氏が百瀬氏を口説き落としてヘッドウェイ・ギター立ち上げへと繋がります。そんなヘッドウェイの原点とも言えるライダー・ギターは生産期間の短さ故、市場に出回る個体数も少なく稀少なアイテムとなっております。中でもギブソン・スタイルのライダーは特に人気が高く更に稀少なアイテムとなっています!

ソリッド・スプルースTOP、ラミネイト・マホガニーSIDE&BACK、マホガニーNECK、ローズウッド指板&ブリッジ、ダブルXブレーシング、実測43.3mmナット、645mmスケールのラウンド・ショルダー・ボディー。ブレーシングは70年代当時のギブソンに倣ってダブルXブレーシングとなっていますが、ギブソンほど背の高いブレーシングではなく低めのブレーシングを採用し、サウンド面への考慮が伺えます。実際百瀬氏自身はこの頃のダブルXブレーシングを気に入っておられて、最近数本ダブルXブレーシングでカスタム・モデルを製作したりしてましたね。

サウンドは芯の太い出音に適度なサスティーンが絡む安定のジャパン・ビンテージ・サウンド!当時の日本の楽器ってマーチンほどの繊細さや柔らかさは無く、武骨にゴリゴリと鳴る印象ですが、これはこれで耳に馴染みの深い安心できるサウンドですね。ギブソンのダブルXブレーシングだとローの鳴りがスポイルされる感がありますが、こちらの個体は上記の通りブレーシングの高さ、太さにも配慮がなされていますので、ローもしっかり出る印象です。決して上品なサウンドではありませんが、ハイからローまでバランスが良く、密度のあるサウンドをご堪能頂けます!

楽器のコンディションは、年式なりのキズや使用感、経年感などありますが、取り立てて気になるようなダメージは無く、この年式の楽器としてはまずまずのコンディションを保っています。弾きキズや打痕、擦り傷等それなりに入っていますので、美品コンディションでお探しの方には不向きですが、40年以上使われてきた楽器として見れば、特に気になるような箇所は無いかと思います。ジャパン・ビンテージに付きものの塗装の白濁も無く、存在感のある佇まいです。ペグは近年グローバーに交換されていて、オリジナルのペグの止めネジ穴はそのまま放置されています。

ネック・コンディションは良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.2mm、1弦側1.9mm程度と非常に弾き易いセッティングになっています。サドルにはもうほとんど余裕がありませんが、現状でも充分プレイヤビリティー良好かと思います。フレットは軽く擦り合わせされているようで、現状気になるような凹みも無く、全体的にオリジナル時の8~9割の高さが残っています。

稀少な林ライダーの中でも特に貴重なギブソン・スタイル!お探しだった方は是非お早めご検討下さい!

ケースはSKBのライト・ケースが付属します。

SN:06414