S.YAIRI YD-108 2000年代
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

オール単板ボディー&ジャパン・メイドのS.ヤイリYD-108!!

数あるジャパン・ビンテージ・ブランドの中でも特に人気が高く、コアなファンの多いS.ヤイリ。昭和の時代のS.ヤイリは国産と言えども貧乏ギター少年にはなかなか敷居が高く、S.ヤイリを持ってる友達が羨ましかったりしたもんです(笑)。そんなS.ヤイリも80年代のアコ冬の時代を乗り切ることが出来ず、一度は倒産の憂き目を見ます。しかし90年代からじわじわと盛り上がりを見せたジャパン・ビンテージ・ブームの風に乗り、矢入貞夫氏の息子である矢入寛氏が監修し、2000年に復活を遂げます。最初はアジア生産物の廉価なモデルからスタートした平成S.ヤイリですが、多くのファンからの熱い期待にこたえる形で、2006年からジャパン・ビンテージ・シリーズと銘打ち、国内生産モデルもスタートします。今回入荷はそのジャパン・ビンテージ・シリーズのYD-108!旧S.ヤイリの工場とは全く無関係ではありますが、今回入荷の個体は、恐らくヘッドウェイ工場でOEM生産された、しっかりとした造りの1本です!

ソリッド・シトカ・スプルースTOP、ソリッド・ローズウッドSIDE&BACK、マホガニーNECK、エボニー指板&ブリッジ、ノン・スキャロップ・ブレーシング、実測43.2mmナット、644mmスケールのドレッドノート・ボディー。マーチンで言うところのいわゆるD-28タイプですので、昭和S.ヤイリには存在しなかったモデルという事になりますが、がっちりとした堅牢な作りや、野太く力強く鳴るサウンドなど、昭和S.ヤイリの方向性をしっかり受け継いだ秀作です!

そのサウンドは野太くパワフルに鳴る力強いサウンド!音の基音が太く、倍音は控えめながら直進性に富んだパワフルなサウンドは、昭和S.ヤイリというよりは、昭和ヘッドウェイを彷彿とさせるサウンドかも知れません(笑)。決して奇をてらったようなサウンドでは無く、しっかりどっしりとした安定のサウンド。フラットピックで掻き鳴らせば、野太く芯の太い基音に、ややエッジ感の強いサスティーンが絡み、爆発力のあるパワフルなサウンドを響かせますし、フィンガーで爪弾いても基音のしっかりした粒立ちの良いサウンドに適度なサスティーンが加わり、安定のサウンドを響かせます!

楽器のコンディションは、しっかり使い込まれてきた事が伺えるキズや使用感がありますが、ド派手に目立つキズやダメージは無く、弾く為の楽器としてのコンディションはばっちりです。全体的にコツコツとぶつけたような打痕が散見出来ますので、決して美品コンディションとは言えませんが、使い込まれてきた楽器として見れば特に気になるようなキズは無いかと思います。所々トップのクリアーの塗装が白くなっていたり、チップしていたりしますので、いくらか離れて見てもキズがある事は判りますが、木部までべっこりと陥没したようなキズはありませんので、まぁこんなもんでしょう。ネック・ヒールにはストラップピンの増設があります。過去にPUを搭載していたようで、エンドピンはエンドピン・ジャックに変わっていますが、ボディー内で配線は切断されていて、現状PUは付いていません。今後PUを付けたい場合にはエンドピン穴を広げる必要はありませんので、そういう向きには便利ですね。

ネック・コンディションも良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.2mm、1弦側1.7mm程度とかなり低い弦高設定になっていてプレイヤビリティーも抜群です。サドルにもまだ充分余裕がありますので、更なる弦高の微調整も可能です。フレットはローフレットを中心にいくらか減りが見られますが、一番減っている箇所でもオリジナルの6~7割の高さが残っていますので、まだまだガンガンに弾き倒して頂けます。

S.ヤイリ・ファンやヘッドウェイ・ファンに限らず、お手頃でしっかりとした出来の良いジャパン・メイドのギターをお探しの方にもオススメの、お値段以上のポテンシャルを持った1本です!

当時定価は¥180.000+税でした。

ケースは汎用のハード・ケースが付属します。

SN:SYH18360