S.YAIRI YD-302 1976年製
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

プレイ・コンディション抜群の76年製YD-302!

数あるジャパン・ビンテージ・ブランドの中でも、特に人気が高いS.ヤイリ。当時の日本のアコギ・メーカーの中では比較的お値段が高く、貧乏ギター少年達にはおいそれと手の出るブランドではなかったという辺りにも、昨今のビンテージS.ヤイリ人気のカギがあるのかも知れません。しかし当時からS.ヤイリの作りの良さとサウンド・クオリティーには定評があり、やはり当時からのそんなS.ヤイリへの評価が現在の人気に繋がっている事は間違いないでしょう。今回入荷はそんなS.ヤイリ伝統の300番シリーズの1本。300番シリーズとしては一番安いモデルではありましたが、作りの堅牢さ、サウンド・クオリティーは上位機種にも引けを取らない出来の良い個体です!

スプルース単板TOP、ローズウッド合板SIDE&BACK、マホガニーNECK、エボニー指板&ブリッジ、S.ヤイリ・シャーラー・タイプ・ペグ、指板刻印無し、ロッド1f下、実測44mmナット、645mmスケールの70年代中期スペック。

サウンドはS.ヤイリらしい骨太で剛直なパワフル・サウンド!ゴツンと野太く音が立ち上がり、ストレートにパワフルに鳴ってくれます。SIDE&BACK合板とは思えないような音圧感で、力強く野太く鳴ってくれるのがS.ヤイリの魅力ですね。今風なキラキラ繊細なサウンドとは真逆の昭和のパワフル・サウンドを存分にご堪能頂けます!

楽器のコンディションは、細かいキズやうっすらとした塗装の白濁は有るものの、日焼けも少なく、全体的にはそこそこ綺麗な状態です。SIDE&BACKにはうっすらと塗装の白濁が有りますが、ジャパン・ビンテージの塗装の白濁に慣れている方ならまず気になるレベルでは有りません。6弦側のサイド、肩の部分に打痕を修正したような跡が有りますが、木部までのダメージは有りません。その他細かい打痕や擦り傷は有りますが、この年代のS.ヤイリとしては相当綺麗な方かと思います。

ネック・コンディションも良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.3mm、1弦側1.8mm程度とパーフェクトなセッティングになっています!通常昭和S.ヤイリでここまで弦高を落とせる個体も珍しいかと思います。サドルにはもう殆んど余裕は有りませんが、現状でも驚くほどプレイヤビリティーは良好です。フレットは全体的にいくらか減りが見られますが、一番減っている箇所でもオリジナルの7割程度の高さは残っていますので、今後お使い頂くにも安心です。そしてこのギターは、前オーナーの弾きクセに対応する為、1、2フレットのみ6弦側を僅かに出っ張らせた感じで調整されています。この処置は当店提携のリペアー工房で行いましたが、こうする事で親指ではじくような弾き方をしてもローフレットでビビりが出ないようにしています。言葉で説明するのはなかなか難しいですが、、、とにかく弾き心地は普通のギターと何ら変わりなく、少しクセのある弾き方をしてもビビりが出辛い処置がされていると思って下さい。

昭和S.ヤイリの剛直サウンドが欲しいけど、今風なプレイヤビリティーも欲しいなんて贅沢な望みをお持ちの方に是非オススメのプレイヤビリティー最強の1本です!

ケースは汎用のハード・ケースが付属します。

SN:6678