S.YAIRI YD-303 1974年製
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

これぞニッポンのビンテージ・サウンド!!S.ヤイリYD-303ハカランダ!!

数あるジャパン・ビンテージ・ブランドの中でも、特に人気が高いS.ヤイリ。当時の日本のアコギ・メーカーの中では比較的お値段が高く、貧乏ギター少年達にはおいそれと手の出るブランドではなかったという辺りにも、昨今のビンテージS.ヤイリ人気のカギがあるのかも知れません。しかし当時からS.ヤイリの作りの良さとサウンド・クオリティーには定評があり、やはり当時からのそんなS.ヤイリへの評価が現在の人気に繋がっている事は間違いないでしょう。今回入荷は74年製のYD-303。いわゆる前期型の3ピース・バック・ハカランダの貴重な1本です!

ソリッド・スプルースTOP、ラミネイト・ハカランダSIDE&BACK(バック3ピース)、マホガニーNECK、エボニー指板&ブリッジ、実測43.4mmナット、645mmスケールのドレッドノート・ボディー。ロッド1フレット下、指板最終フレットにモデル名刻印、ネック・ブロックにシリアルNo.焼き印といういわゆる前期型の個体。当時のS.ヤイリとしてはキズも少なめでなかなかの美品コンディションです!

サウンドはS.ヤイリらしい骨太で密度の高いサウンド!ハカランダらしいバリッと爆発力の有る出音ながら、みっちりとした密度の濃いサウンドで、安定感のあるパワフルなサウンドを生み出します。S.ヤイリの無骨で骨太なサウンドに、ハカランダ特有のサスティーン感と倍音感が加わり、ヤイリらしい骨太で煌びやかなサウンドを奏でてくれます!ハカランダらしいエッジ感はあるものの、平均的なハカランダ・サウンドよりは少し甘くメロウなサウンドのようにも感じます。フラットピックで掻き鳴らせば、ヤイリらしい骨太でボリューム感のあるサウンドを響かせますが、決して耳に刺さってくるような鋭角的なサウンドでは無く、全体的に塊感のある、腹に響いてくるようなサウンドです。フィンガーで爪弾いた時には、いかにも日本の古いギターらしいしっとりとしたサウンドの中にもハカランダの煌びやかさが加味され、古いフォーク・ソングなんかやるにはドンズバの懐かしくも安心できるサウンドをご堪能頂けます!

楽器のコンディションは、年式なりのキズや使用感、経年感などありますが、がっつり使い込まれたヤイリとしては、まずまず綺麗な方かと思います。ボディー・トップには小さな打痕やピッキングに因る塗装剥がれ、うっすらとしたウェザーチェックなどそれなりに入っていますが、そんなに不自然なキズは無いので、昭和S.ヤイリとしてはまぁこんなもんでしょう。ボディー・サイドはキズは少なめですが、全体的に塗装の白濁が見られます。ボディー・バックにも所々白濁傾向が見られますが、こちらはジャパビンとしては軽症で、かなり綺麗な方かと思います。ネックからヘッドに掛けても小キズの類は散見出来ますが、取り立てて気になるような箇所は無いかと思います。

ネック・コンディションは良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.7mm、1弦側2.1mm程度のセッティングになっています。サドルにはもうほとんど余裕はありませんが、現状でも昭和S.ヤイリとしては非常に弾き易いプレイヤビリティーかと思います。フレットはローフレットを中心にいくらか減りが確認出来ますが、一番減っている箇所でもオリジナルの7割程度の高さが残っています。

S.ヤイリ・ファンのみならず、お手頃価格でしっかりとしたクオリティーのギターをお探しの方にもオススメの1本です!

ケースは汎用のハード・ケースが付属します。

SN:41155