S.YAIRI YD-306 1977年頃
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

S.ヤイリらしい豪快な鳴り!!オール単板仕様のYD-306美品ビンテージ!!

数あるジャパン・ビンテージ・ブランドの中でも、とりわけマニアックなファンの多いS.ヤイリ。当時のS.ヤイリは一番安い価格設定の物でも6万円スタートという、日本のブランドとしてはなかなかにお高く、当時のギター少年にとっては簡単に手に入れる事は出来ないプチ憧れの存在でした。そんな少年時代を経て、現在では立派なギターおじさんになった(笑)我々以上の年齢層のアコギ弾きにはどこか懐かしくもあり、やはり一度は手にしておきたいブランドとして、今なおファンの多い人気ブランドです!今回入荷は77年頃のYD-306。SIDE&BACK材がハカランダから単板のローズウッドに変わったばかりの頃の1本です!

ソリッド・スプルースTOP、ソリッド・ローズウッドSIDE&BACK、マホガニーNECK、エボニー指板&ブリッジ、ロッド1フレット下、指板エンド刻印無し、ネック・ブロックに型番&シリアル刻印、実測44mmナット、645mmスケールのドレッドノート・ボディー。YD-306はハカランダ合板SIDE&ハカランダ単板BACKという仕様で、1971年頃から生産が開始されますが、その後も細かい仕様変更があります。75年の初期頃にアバロン・ロゼッタが施された306が存在します。そして同じ75年~76年頃に掛けては、それまで横ロゴだった306の縦ロゴ・バージョンが登場します。そして恐らく76年終わり頃から今回入荷の個体同様SIDE&BACK材がローズウッド単板に変遷していきます。78年頃のカタログによると、SIDE&BACKはまだハカランダとの表記がありますが、実際は76年終わり頃~77年にはSIDE&BACKはローズウッドの単板に仕様変更されたようです。しかしこの頃はまだトラスロッドは下出しにはなっていませんので、ざっくり言うと第2期の仕様と言えるかと思います。

そのサウンドは豪快という言葉がぴったりな骨太でパワフルなヤイリ・サウンド!かなりエッジ感のきつめなサウンドで、ゴンゴンと豪快なサウンドを響かせます。ヤイリらしい芯の太い出音にエッジの効いたブライトな倍音が絡み、野太くも無骨な、それでいてギラギラとした野性味を感じさせるサウンドです。近年物によくあるキラキラと美しい倍音感とはちょっと違い、やはり昭和の無骨さを感じさせてくれるようなサウンドですね。フラットピックで掻き鳴らせばバリンバリンに開いた攻撃力抜群の爆音を響かせますし、フィンガーで爪弾いても粒立ちが良く存在感抜群のサウンドを奏でます。常々思うのですが、、昭和S.ヤイリってハカランダだろうがローズウッドだろうがあんまり関係なく、「バリバリゴリゴリのヤイリ・サウンド」という表現が一番似合うように思います(笑)。

楽器のコンディションは、それなりの小キズや経年感はあるものの、年式から考えればかなり綺麗な状態を保っています!ボディー・トップには長年使い込まれてきた事が窺える小キズはそれなりに付いていますが、遠目にも目立つような派手なキズは少なく、トップの色焼けも少なめでかなり綺麗な顔付きです。ボディー・サイドにはジャパン・ビンテージに付きものの塗装の白濁が僅かに確認出来ますが、ふわ~っと軽い白濁なので、気になる程では無いかと思います。ボディー・バックは白濁も無く、スレ程度で非常に綺麗な状態です。ネックからヘッドに掛けても取り立てて気になるようなダメージは無く、年式から考えれば相当綺麗な状態を維持しています。ペグのゴールド・メッキにはやや劣化が見られますが、まぁこのくらいは致し方ない部分でしょう。

ネック・コンディションも良好で概ねストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.7mm、1弦側2.0mm程度とベストなセッティングになっています。サドルにももう少し余裕がありますので、更なる弦高の微調整も可能です。フレットはローフレットに僅かな減りが見られる程度で、一番減っている箇所でもオリジナルの9割程度の高さが残っています。

S.ヤイリ・ファンには当然オススメですが、お手頃価格でしっかりとした作りとサウンドのギターをお探しの方にもオススメ出来る、当時の職人の真摯な姿勢が感じられる逸品です!

ケースは汎用のハード・ケースが付属します。

SN:8721