S.YAIRI YD-402 1977年頃
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

Anthem SLピックアップ搭載で使えるジャパ・ビン、S.ヤイリYD-402!!

数あるジャパン・ビンテージ・ブランドの中でも、特に人気が高いS.ヤイリ。当時の日本のアコギ・メーカーの中では比較的お値段が高く、貧乏ギター少年達にはおいそれと手の出るブランドではなかったという辺りにも、昨今のビンテージS.ヤイリ人気のカギがあるのかも知れません。しかし当時からS.ヤイリの作りの良さとサウンド・クオリティーには定評があり、やはり当時からのそんなS.ヤイリへの評価が現在の人気に繋がっている事は間違いないでしょう。

今回入荷はそんなS.ヤイリのYD-402。S.ヤイリのメイン・シリーズ、300番シリーズに続いて1977年頃から生産の始まった400番シリーズ。300番シリーズがオリジナルのスタイルだったのに対し、400番シリーズはマーチン・レプリカを強く意識したモデルとなっています!

ソリッド・スプルースTOP、ラミネイト・ローズウッドSIDE&BACK、マホガニーNECK、ローズウッド指板&ブリッジ、最終フレット刻印無し、ロッド1f下、ネック・ブロックにモデル名&シリアル刻印、実測44.9mmナット、645mmスケールのドレッドノート・ボディー。スロッティッド・ダイヤモンド・インレイやヘリンボーン・トリム、2ピース・バックにべっ甲柄PGなどなど、ビンテージD-28レプリカ的なモデル。この400番シリーズはオールド・ラッカー仕上げというフィニッシュになっていて、当時としては珍しいプリ・ウォー・マーチンを意識したモデルとなっています!

サウンドはS.ヤイリらしい骨太でパワフルな爆発力のあるサウンド!ルックス面ではプリ・ウォー・マーチンしてますが、ブレーシングはノン・スキャロップ・ブレーシングですので、ヤイリらしい骨太で武骨なサウンドは健在です。とは言え、バック・ブレースの3番、4番も細いブレーシングを採用するなど、300番シリーズとは違うサウンド・キャラクターを狙っていたようで、300番シリーズのゴロンとした音の出方に比べると、やや現代寄りなサウンドになっています。武骨なサウンドの中にも煌びやかな倍音も感じられますので、よりオールマイティーに使えるサウンドになっているように感じます。フラットピックで掻き鳴らせば、ヤイリらしいパワフルで塊感のあるサウンドを響かせますし、フィンガーで爪弾いても基音のしっかりした、それでいてサスティーンや倍音も充分に感じられるサウンドを奏でますので、あらゆるジャンルやプレイ・スタイルでお使い頂けるオールマイティーなサウンドかと思います!そしてこちらの個体には後付けでL.R.BaggsのアンセムSLが搭載されていますので、ライブやレコーディングにも即戦力です!

楽器のコンディションは年式なりの小キズはありますが、この年代のギターとして見て、特に気になるような箇所は無いかと思います。全体的にコツコツとぶつけた打痕や擦り傷などそれなりにありますが、不自然なキズはありません。強いて言えばヘッド・トップの先端部に鋭利なモノでついたようなキズがやや不自然と言えば不自然ですが、、、まぁ気になるほどでも無いと思います。ペグは近年物のゴトー・ペグに交換されていて操作性はスムーズです。ネック裏はキズも少なく手触りもスムーズですが、長年の使用で表面の塗装が少し薄くなったのか?ネックの半分くらいが半艶状になっています。その他に気になるような箇所は無く、全体的に年式なりの渋い佇まいかと思います。

ネック・コンディションも良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.4mm、1弦側2.0mm程度とベストなセッティングになっています。サドルにももう少しだけ余裕がありますので、更なる弦高の微調整も可能です。フレットはローフレットにいくらか減っている箇所がありますが、一番減っている箇所でもオリジナルの8~9割程度の高さが残っていますので、まだまだガンガン弾き倒して頂けます。

S.ヤイリ・ファンはもとより、リーズナブルで高品質なサウンドをお探しの方や、マーチンD-28ヘリンボーンに憧れている方にもオススメの、ルックス、サウンド共に大納得のお買い得な1本です!

ケースは汎用のハード・ケースが付属します。

SN:12662