S.YAIRI YV-18N 2000年代
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

この価格でオール単板!!S.ヤイリのハイ・コスト・パフォーマンス・モデルYV-18!!

数あるジャパン・ビンテージ・ブランドの中でも特に人気が高く、コアなファンの多いS.ヤイリ。昭和の時代のS.ヤイリは国産と言えども貧乏ギター少年にはなかなか敷居が高く、S.ヤイリを持ってる友達が羨ましかったりしたもんです(笑)。そんなS.ヤイリも80年代のアコ冬の時代を乗り切ることが出来ず、一度は倒産の憂き目を見ます。そんなS.ヤイリがジャパン・ビンテージ・ブームの風に乗り、矢入貞夫氏の息子である矢入寛氏の監修により、復活を遂げたのが2000年の事です。今回入荷は復活後の1本。ヒストリック・シリーズと銘打たれたオール単板ボディー仕様のハイ・コスト・パフォーマンス・モデルとして人気を博したモデルです!

ソリッド・スプルースTOP、ソリッド・マホガニーSIDE&BACK、マホガニーNECK、エボニー指板&ブリッジ、スキャロップ・ブレーシング、実測43.3mmナット、650mmスケールのドレッドノート・ボディー。オープン・バック・ペグやべっ甲柄のバインディング&PG、ロング・スロット・サドルなど、ビンテージD-18を意識したモデルで、見た目もサウンドもお値段以上の高級感のある仕上がりになっています!

サウンドはマホガニーらしい反応が良く素直に抜けるクリアーなサウンド!重く鳴り過ぎないながらもしっかりと発音されるローにマホならではの暖かさとしなりが感じられるミドル、艶やかで伸びのあるハイなどが混じり合い、このお値段で手に入るギターとは思えないような高品質なサウンドを響かせます。こちらのモデルはアジア工場製ですが、アジア工場特有のエッジのきつさはあまり感じられず、マホ・ボディーの良い部分が非常に上手く出てきています。フラットピックで掻き鳴らせば、軽やかで抜けの良い、それでいてエッジの強さを感じさせないボリューミーなサウンドが得られますし、フィンガーで爪弾いてもスキャロップ・ブレーシングならではの倍音感と音の広がりがあり秀逸です!

楽器のコンディションは、キズの少ないほぼほぼ新品同様の美品コンディションです!光にかざして意地悪く粗探しすると、PG周辺に何処かで擦ったような擦り傷がいくつか見つかりますが、余程注意深く見ない限りは気付きもしないと思います。それ以外はスレ等もほとんど無く、ほぼほぼ新品時の状態を維持しています。ネック・ヒール部とボディーの境目の塗膜が少し白っぽく見えますが、こちらは経年変化というよりは、厚塗りのポリ・ウレタン塗装ならではの塗料の溜まりが白く見えているだけのようです。

ネック・コンディションも良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.5mm、1弦側2.0mm程度とベストなセッティングになっています。サドルにもまだ余裕がありますので、更なる弦高の微調整も可能です。フレットの減りも無くほぼ10割の高さが残っています。

ベテランの方のサブ・ギターとしても充分使えるサウンド・クオリティーのお買い得な1本です!

新品時税抜定価¥95.000

ケースはメイビスのギグ・バッグが付属しています。

SN:0510060116