販売済Santa Cruz OM 1997年製

SOLD OUT

  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

ネック裏着色の為、格安のサンタ・クルーズ、モデルOM!!

アメリカ・カリフォルニア州のサンタ・クルーズに工房を構えるサンタ・クルーズ・ギター・カンパニー。名匠リチャード・フーバー氏が1976年に設立し、多くのギター・ルシアーに多大なる影響を与え、現在のアメリカのギター・ルシアー文化の位置付けを確固たるものとしたパイオニア的な存在のアメリカを代表するブティック・ギター・ブランドです。現在は日本ではあまり流通量が無く、ともすればマイナー・ブランドのような存在になってしまっていますが、そのオーソドックスなスタイルと伝統的な工法の中にも常に革新的な技術を導入していくフーバー氏の信念は、多くの著名ルシアーにも影響を与え、世界的にも高い評価を得ている素晴らしいブランドです。今回入荷はサンタ・クルーズの看板モデルOM。ネック裏に何かしらの修理跡を隠すためか?着色有りの為、格安プライスでのご提供です!

シトカ・スプルースTOP、インディアン・ローズウッドSIDE&BACK、マホガニーNECK、エボニー指板&ブリッジ、スキャロップ・ブレーシング、実測45.5mmナット、25.4インチ・スケールのオーケストラ・モデル。サンタクルーズの象徴的なSCGCのロゴ・マークや2mmドット・ポジ、精密なヘリンボーン・トリムなど、オーソドックスでシンプルな造りながら、サンタクルーズ・ギターの存在感をしっかり主張する佇まいです!

サウンドはレスポンスが良くブライトでクリアーなサウンドながら、中低域のふくよかな甘さもあり、バランスの良い美しいサウンド!サンタクルーズのギターはよくコリングスと比較されることが多いですが、コリングスほどアタッキーなサウンドでは無く、もう少しマーチン寄りのしなやかな弾力性も伴ったようなサウンドです。ボウンと弾むような低音に弾力性のあるふくよかな中域、煌びやかで倍音豊かな高音などが混然一体となり、密度と奥行き感のあるサウンドを奏でます。マーチン45系のようなキラキラサウンドではありませんが、弾いてみれば直ぐに分かる、シンプルながら高級感溢れるサウンドをご堪能頂けます!

楽器のコンディションは、全体的には申し分ない素晴らしいコンディションですが、上記の通りネック裏に謎の着色が有ります。ヘッド裏の真ん中辺りからネックの3フレット裏辺りまでがサンバースト状に塗り潰されています。この手の着色はネック折れ補修修理などする際に良く用いられる手法ですが、ブラック・ライト等で子細に調べてみてもネック折れ修理跡は見つかりません。ヘッド・トップ側にもそれらしい痕跡も無いので、ひょっとしたら何かしらのキズを隠すための着色かも知れません。強度的な問題も手触り的、見た目的な問題も特にありませんが、何の為に着色されたのかが限定できない為、その分相場から大きく逸脱してのご奉仕価格となっております!画像だと着色部分が他の箇所よりずいぶん色が濃く写ってしまいましたが、実際肉眼で見る分にはパッとには気付かないくらい自然な雰囲気で仕上げられていますので、いざ自分の相棒になってしまえば、全く気にならなくなるんじゃないかと、、、。その他は光にかざして子細に眺めていくと極小さいポチキズや擦り傷などが数個発見出来ますが、ぱっと見に目立つようなキズは無く、かなりの美品コンディションを保っています。

ネック・コンディションも良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.5mm、1弦側2.0mm程度とベストなセッティングになっています。サドルにはもうほとんど余裕はありませんが、トラスロッドも正常に機能していますので、いくらかの微調整はトラスロッド側で行えるでしょう。フレットの減りは皆無でほぼほぼ10割の高さが残っています。

ちょいと訳ありとは言え、このサウンドがこの価格で手に入る事を考えれば、絶対にお買い得な1本かと思います!

ハード・ケース付き

SN:931