Steven Kovacik OOO-42Style USED
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

非常に珍しいスティーブン・コバチックの000-42スタイル!!美品中古です!!

ニューヨーク州オールバニーの郊外に工房を構えるスティーブン・コバチック・ギター。マーチン社の公認リペア・エージェントとして数多くのビンテージ・マーチンの修理、修復を手掛ける傍らで、少量ながら自身のカスタム・ギターを製作する稀代のギター・ビルダーです。今回入荷は000-42スタイルの12フレット・ジョイント・ボディー。コバチックと言えばD-28スタイルや45スタイルが有名ですが、ご自身のHPを覗くと、00や000など多くのビンテージ・マーチンの12フレット・ボディーのコンバージョンも手掛けているご様子ですね!

スプルースTOP、ハカランダSIDE&BACK、マホガニーNECK、エボニー指板&ブリッジ、実測46.8mmナット、632mmスケールのスロッティッド・ヘッド&12フレット・ジョイント・ボディー。トップ材は正確には判りませんが、恐らくジャーマン・スプルースかと思われます。SIDE&BACKのハカランダ材は少し色は薄めですが、柾目の良材が使用されています。ウェーバリー・ペグにトーチ・インレイ、45スタイル・スノウフレイクス・ポジション・マークに42スタイル・アバロン・トリムなど、見た目も豪華で華やかな仕上げのモデルです!

サウンドはリバーブ感溢れる瑞々しい美しいサウンド!12フレット・ジョイント・ボディーならではの奥行きのあるサウンドに、懐の深いリバーブ感が加わり、煌びやかながらメロウな、このスタイルでしか味わえない優しく美しいサウンドをご堪能頂けます。この手のギターはあまりピックでガシガシ弾くようなギターでも無いと思いますが、ストロークなんかでもたっぷりとした音量が得られますので、歌モノなんかにも充分使えます。フィンガーで爪弾いた時の瑞々しさとリバーブ感は秀逸で、弾いていて自分がうっとりするような透明感のある艶やかで且つメロウなサウンドはちょっとクセになること間違いなしです!

楽器のコンディションは、ほとんどキズの無いほぼ新品同様のコンディションですが、いくらかの調整跡があります。前オーナーの方が入手された時には、もう少し弦高が高いセッティングだったようで、某有名工房にてリフレット及び全体的にフィンガーで使いやすいようにセッティングを依頼したとの事。そこで弦高を下げるとオクターブピッチが少し甘くなるとの指摘を受け、ブリッジ位置を2mmほど後方にずらす修理を行っています。ブリッジ自体は綺麗に移動されていますが、ブリッジ前に最初にブリッジが貼ってあった部分が2mmほど露出し、その部分はタッチアップでリカバーされています。ぱっと見には違和感はありませんが、光にかざして見ると、オリジナルの塗装とタッチアップ部にうっすらと境界線が見えます。また、ピン位置も少しずれた影響かと思われますが、ボディー内部のブリッジ・プレートには薄いメイプルが貼られ補強されています。

上記調整以外はキズは少なく非常に綺麗なコンディションを保っています。光にかざして子細に点検していくとボディー・トップの6弦側エンド部付近に1mm径くらいの打痕のタッチアップが見つかります。それ以外にも1mmにも満たないような極小さいポチキズがいくつか発見出来ますが、いずれのキズもかなり注意深く見ない限り気付きもしないような些細なキズばかりですので、中古品として見れば取り立てて気になるような箇所は無いかと思います。また、所々に塗装の引けが出ていますが、こちらは極薄のラッカー・フィニッシュ故の経年変化なので致し方ないところでしょう。

ネック・コンディションも良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.3mm、1弦側1.8mm程度とフィンガーピッカー向けのセッティングになっています。その状態で、サドルは1弦側1mm強、6弦側2mm強ブリッジから出ています。フレットはリフレット後ほとんど弾いてないようで、10割の高さが残っています。

探そうと思って探せるものでもない激レア作家の逸品!ハカランダ単板物の貝巻きモデルとしても破格の出物です!

オリジナル・ハード・ケース付き