Sumi S-HDB Jacaranda 2008年製
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

貴重な鷲見英一氏によるハカランダ・カスタム・モデル!!

日本を代表するベテラン・ルシアー鷲見英一氏率いるSumi工房の貴重なハカランダ・カスタム・モデルが入荷しました!鷲見英一氏はジャパン・ビンテージで人気のブランドJumboを製造していた田原楽器の出身。鷲見さんが29歳の1986年、上田市に自身の工房を立ち上げ、以来日本のギター・ルシアーの先駆けとして精力的に活動を続けています。今回入荷は2008年に手掛けたカスタム・オーダーの1本。SIDE&BACKには稀少なハカランダ材が使われた貴重な1本です!

赤エゾ松TOP、ハカランダSIDE&BACK、ホンジュラス・マホガニーNECK、エボニー指板&ブリッジ、ウェーバリー・オープン・バック・ギア・チューナー、スロッティッド・ダイヤモンド・インレイ、ヘリンボーン・トリム、実測43.4mmナット、645mmスケールのドレッドノート・ボディー。ブレーシングはスキャロップではないけれど、純粋なノン・スキャとも言えないような独特の形状で、ネックの握りは太過ぎず細過ぎずのソフトVシェイプ・ネックで非常に弾き易いグリップ感です!

サウンドは立ち上がりが良くパンチの効いたハカランダ・サウンド!ドレッドノート・ボディーらしい力強い低音に、ハカランダならではのエッジの立ったサウンド、名工鷲見さんならではの艶と色気のあるサウンドが混然一体となり、パワフルでありながら艶やか、煌びやかでありながら芯の太いサウンドをご堪能頂けます!

楽器のコンディションはキズの少ない美品コンディションですが、ヘッドの先に1か所大きなキズが有ります。ヘッド裏の3弦側の角をどこかで強打したのか、塗装がチップしている箇所があり、木も少し潰れています。その他にもヘッド・トップの角にはいくつかの打痕が確認出来ます。ボディーの方は比較的綺麗で、トップの1弦側肩部に小さい打痕がある以外は取り立てて気になるようなキズはありません。過去にPUを搭載していた時期があるようで、エンドピンはオーバーサイズの物に交換されています。そしてPUを搭載していた時期にエンドピン・ジャックのナットを締め過ぎたのか、エンドピン周りは少し塗装が浮いた感じになっています。

ネック・コンディションも良好で概ねストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.5mm、1弦側2.0mm程度とベストなセッティングになっています。サドルにもまだ充分な余裕がありますので、更なる弦高の微調整も可能です。フレットはローフレットにいくらか減りが見られますが、一番減っている箇所でもオリジナルの8割程度の高さは残っています。

ルシアー物のハカランダ・ギターとしては破格の逸品です!

オリジナル・ハード・ケース付き

SN:08577