Takamine DMP561C BL 2010年製
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

キズの少ない美品中古!!TOP&BACK単板で生でも充分使えるエレアコです!!

日本を代表するエレアコ・メーカー、タカミネ。1962年創業の高峰楽器製作所がエレアコの開発に乗り出したのが1978年の事です。エレアコ1号機のプロト・タイプをステージで使っていたライ・クーダーをはじめ、グレン・フライやブルース・スプリングスティーン、ジャクソン・ブラウンやデビッド・リンドレーなど錚々たる大物ミュージシャン達がこぞってタカミネ・エレアコを愛用し、一躍世界のタカミネへと急成長を遂げました。メイド・イン・ジャパンに関わらず、日本ではアメリカでの大成功を受け、後追いで発売が開始されたちょっと珍しい経緯を持つタカミネ。今回入荷は2010年製のDMP561C。トップとバックに単板を使用し、生鳴りも考慮したなかなかの名モデルです!

ソリッド・スプルースTOP、ラミネイト・マホガニーSIDE、ソリッド・マホガニーBACK、マホガニーNECK、ローズウッド指板&ブリッジ、実測43mmナット、644mmスケールの500ボディー。この500ボディーは他社で言うところのグランド・オーディトリアムくらいの大きさのボディーで、演奏性とボリューム感のバランスが取れた、近年タカミネでは主力のボディー・サイズになっています。そして561という型番は現在でもプリアンプが変わって生産が続けられていますが、現在のTDP-561CはSIDE&BACK材がサペリに変わっていますので、このマホSIDE&BACK仕様の個体は貴重です!

生音はクリアーでくせのないボリューミーなサウンド!ボディー幅400mmのたっぷりとした中低域に、タカミネらしいクリアーで粒立ちの良い高音が絡み、充分な音圧があります。マホSIDE&BACKなので、重くなり過ぎず、ボリューミーながら軽やかで爽やかな生アコ・サウンドをご堪能頂けます!プラグイン時にはタカミネらしいソリッドでクリアーなエレアコ・サウンドをお楽しみいただけます。また、こちらのDMPプリアンプは後付けでTri-Axピックアップを追加することで、デュアルPUシステムにすることも出来ますので、使用環境や欲しいサウンドによって様々な使い方が可能です。

楽器のコンディションはキズの少ない美品コンディションです!ボディー・トップにはポツポツと小さい打痕が数個、擦り傷数本、ボディー・バックには衣服で擦れたような擦り傷も確認出来ますが、いずれのキズも光にかざして見て、初めて気付く程度の微細なキズばかりですので、余程キズに敏感な方でない限り、ほぼキズ無しと判断いただける綺麗なコンディションを保っています。

ネック・コンディションも良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.5mm、1弦側2.0mm程度とベストなセッティングになっています。サドルにもまだ余裕がありますので、更なる弦高の微調整も可能です。フレットはローフレットにいくらか弦の跡が付いている箇所がありますが、一番減っている箇所でもオリジナルの9割以上の高さが残っていますので、まだまだ安心してお使いいただけます。

気楽に弾ける家用ギターとしても、ライブやレコーディング用としてもオススメ出来る、生音、エレアコ・サウンド共に合格点の汎用性の高い1本です!

オリジナル・ハード・ケース付き

SN:48080120