販売済Takamine PT-07E Ry Cooder 1980年製

SOLD OUT

  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

タカミネの名を世界に知らしめたタカミネ・エレアコの原点!!PT-07Eライ・クーダー!!

日本を代表するエレアコ・メーカー、タカミネ。1962年創業の高峰楽器製作所がエレアコの開発に乗り出したのが1978年の事です。エレアコ1号機のプロト・タイプをステージで使っていたライ・クーダーをはじめ、グレン・フライやブルース・スプリングスティーン、ジャクソン・ブラウンやデビッド・リンドレーなど錚々たる大物ミュージシャン達がこぞってタカミネ・エレアコを愛用し、一躍世界のタカミネへと急成長を遂げました。メイド・イン・ジャパンに関わらず、日本ではアメリカでの大成功を受け、後追いで発売が開始されたちょっと珍しい経緯を持つタカミネ。今回入荷はそんなタカミネ・エレアコの出発点的モデルPT-07E。ライ・クーダーに手渡されたプロト・タイプが正にこのPT-07Eで、1979年にリリースされた、タカミネ・エレアコの記念すべき第一号モデルです!

ラミネイト・スプルースTOP(カーブド・トップ)、ラミネイト・メイプルSIDE&BACK(アーチド・バック)、メイプルNECK、ローズウッド指板&ブリッジ、実測42.3mmナット、645mmスケールの17インチ超えのスーパー・ジャンボ・ボディー。ライ・クーダー・モデルの愛称で親しまれた、タカミネ・エレアコ初期の傑作です!

生音はそんなに出ません(笑)。エレアコだからそれでいいんです。全体的なボリューム感は控えめですが、サウンド・バランス的にはジャンボ・ボディーらしいドワンと弾む低音にタイトなミドル、メイプルならではのツルンとした艶感のある高音などが混然一体となり、メイプルのジャンボ・ボディーらしいサウンドを奏でます。トップ&バックにアーチが掛ってますので、ピック・ギターのようなニュアンスもあり、音圧感こそ控えめながら、これはこれで楽しめるかと思います。タカミネ初のエレアコ・システム、Palatheticピックアップ・システムは、ボリュームとトーンだけというシンプルなプリアンプながら、その後のタカミネに脈々と引き継がれる、タイトでエッジ感のきついエレアコ・サウンドを響かせます!

楽器のコンディションは小キズこそ点在していますが、40年前に作られた楽器としてみれば、かなりの美品コンディションと言えるでしょう!ボディー・トップのブリッジ下にある小豆大の打痕2つはやや目立ちますが、それ以外はコツコツとぶつけたような小さな打痕や擦り傷が散見出来る程度で、年式から考えれば充分に美品コンディションと言えるかと思います。ネック裏はカポキズ等も無く、非常に綺麗な状態を維持しています。

ネック・コンディションも良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.5mm、1弦側2.0mm程度とベストなセッティングになっています。サドルにももう少し余裕がありますので、更なる弦高の微調整も可能です。フレットはローフレットを中心にいくらか減りが見られますが、一番減っている箇所でもオリジナルの8割程度の高さは残っていますので、まだまだ安心してお使い頂けます。

エレアコ史の中に於いても外すことの出来ない名モデル!普通のエレアコ使いでもいいですが、このルックスでスライド・ギターなんかジャリジャリ演奏しちゃってもカッコいいかも知れませんね!

オリジナル・ハード・ケース付き

SN:80041149