Taylor LKSM-6 Leo Kottke 1999年製
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

レギュラー・モデルとはひと味もふた味も違うレオ・コッケ・シグネイチャー・モデル!!

今やマーチンと肩を並べる大手アコースティック・ギター・メーカーへと急成長したテイラー・ギター。その使い勝手の良さから、多くのプロ・ミュージシャンがライブやレコーディングでテイラー・ギターを多用し、王者マーチンも最近ではテイラーを追いかけるような新製品を出すなど、アメリカのアコースティック・ギター市場では外すことの出来ないビッグ・メーカーとなったテイラー・ギター。日本でも今や知らないプレーヤーなどいないくらいのメジャーなメーカーとなり、売上シェア、人気共にマーチン、ギブソンと肩を並べる3大アコースティック・メーカーになりました。今回入荷はそんなテイラー・ギターの中では異色のレオ・コッケ・シグネイチャー・モデルLKSM-6。腱鞘炎を患い12弦ギターが弾けなくなっていたレオ・コッケとテイラーが2年に及ぶ歳月を費やし完成させた、ロー・テンションでプレイヤビリティー抜群のシグネイチャー・モデルです!

シトカ・スプルースTOP、トロピカル・マホガニーSIDE&BACK、トロピカル・マホガニーNECK、エボニー指板&ブリッジ、オリジナル・スキャロップ・ブレーシング、実測43.3mmナット、25.5インチ・スケールの17インチ・ジャンボ・カッタウェイ・ボディー。少しV掛かったロープロファイル・ネックやジャンボ・ボディーなのに少し薄胴のボディーなど、レオ・コッケのアイディア満載のシグネイチャー・モデルです!

そのサウンドはジャンボ・ボディーならではのボリューム感たっぷりなサウンド!テイラーらしいクリアーでクセの無いサウンドながら、フラットピックで掻き鳴らすと、1、2弦のブースターが掛ったような伸びのあるサウンドが特徴的で、かなり攻撃的なサウンドを響かせます。恐らく胴厚を約112mmと少し薄胴にしたことに因り、音の跳ね返しが早く、全体的にブライトでエッジ感のあるサウンドになっているように感じます。フラットピックで搔き鳴らすとかなり破壊力抜群なサウンドになりますが、フィンガーで爪弾くと一変、このギターの本領発揮って感じです。やはり大きいボディーの6弦の出方は他にないパワーを感じます。たっぷりと余裕のあるベース・ラインにテイラーらしいクリアーで艶のあるメロディー・ラインが重なる事で、オーケストラのような立体的なサウンドが得られます。これでレオ・コッケのような奏法をすればなるほどドハマリするだろうなぁといったサウンドですので、レオ・コッケほどのテクニックが無くても普通のフィンガーでも充分上手くなった気になれるリバーブ感と立体感のあるサウンドをご堪能頂ける事と思います(笑)!

楽器のコンディションは、小キズはちらほら散見出来ますが、遠目にも派手に目立つようなキズは無く、概ね美品コンディションを保っています。ボディー・トップには1mmくらい~米粒大くらいまでの打痕やコチキズが散見出来、サイド&バックにも小さな打痕や擦り傷はいくつか発見出来ますが、中古品として見て気になるような箇所は無いかと思います。また、UV塗装にありがちな杢目に沿って見えるシルバリング(杢目が白っぽく見える)や、トップ・コートの浮きが所々見られますが、こちらもテイラーやラリビーなどのUV塗装の楽器には付いて回る症状なので致し方ない部分かと思います。そういった意味では経年感はありますが、トータルで判断すれば、年式の割には充分美品コンディションと言えるかと思います。

ネック・コンディションも良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.3mm、1弦側1.8mm程度と非常に弾き易いセッティングになっています。サドルにもまだ充分な余裕がありますので、更なる弦高の微調整も可能です。フレットはローフレットに少し弦の跡が付いている箇所がありますが、一番減っている箇所でもオリジナルの9割程度の高さが残っています。

テイラー・ファンに限らず、ふくよかでボリューム感のあるフィンガー・サウンドをお探しの方にも是非お試し頂きたい個性的な生アコです!

オリジナル・ハード・ケース付き

SN:990409141