Three-S G-350T 1970年代
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

6弦でも12弦でも使えます(笑)!!激レア、スリーSのG-350T!!

名古屋スズキ・バイオリンが製造販売していたスリーS。数あるジャパン・ビンテージ・ブランドの中でも特にマニアックなファンの多いブランドです。そしてスリーSの中でも特に稀少で人気の高いのがトルバドール・シリーズ。小ぶりなボディーに12フレット・ジョイントというトラディショナルなスタイルは他メーカーには無かった為、今となっては非常に斬新でレアなモデルとして珍重されています。今回入荷はそんなトルバドール・シリーズの中でも異彩を放つG-350T!このモデルのみトルバドール・シリーズでありながら14フレット・ジョイント、そしてスリーSでは珍しいギブソン・スタイル!トルバドール・シリーズのコレクターには見逃すことの出来ない激レア・アイテムの入荷です!

ソリッド・スプルースTOP、マホガニーSIDE&BACK、ナトーNECK、ローズウッド指板&ブリッジ、47mmナット、643mmスケールの360mmスモール・ボディーの12弦。一応ギブソンB-25スタイルのボディーという事になっていますが、ボディー自体はTG-005やTG-035の型をそのまま流用していると思います。それに14フレット・ジョイントのネックを挿し、ギブソン・ヘッド・シェイプ、ラージ・ガードを装着してギブソン・タイプの出来上がり~って感じだと思います(笑)。元々は12弦モデルとして発売されたモデルですが、こちらの個体は前オーナーの方がナットを交換し、現在は6弦として使えるようになっています。オリジナルの12弦用のナットも付属しておりますので、その時の気分やシチュエーションによって、6弦にも12弦にも変身可能な、なかなか考えられた個体です!

サウンドは反応が良く抜けの良い軽快なサウンド!粒立ちが良く、マホらしい透明感のあるサスティーンで、爽やかなサウンドをご堪能頂けます。フラットピックで掻き鳴らせば、SIDE&BACK合板が手伝って、やや荒削りなエッジ感のあるサウンドが得られますし、フィンガーで爪弾いても粒立ちの良いクリアーなサウンドが得られます。サイズがサイズだけに爆音は期待できませんが、歌モノのバックからソロ、フィンガーまでそつなくこなせる嫌みの無いサウンドです!

楽器のコンディションは、細かいキズは点在していますが、年式から考えると相当に綺麗なコンディションを保っています!小さい打痕や擦り傷はそこそこ付いていますが、遠目にも派手に目立つようなキズは無く、この年代のこの価格帯のギターとしてはかなり大事に扱われてきた事が窺えます。ナット交換の際に、ヘッド側の塗装が一部ペロッと剥がれたようで、ナット上の部分に2cm×3mm程度の補修跡が確認出来ます。ペグはシンプルなオープン・バック・タイプなので、所々動作が固くなっていますが、チューニングには特に問題ありません。

ネック・コンディションも良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.7mm、1弦側2.2mm程度にセッティングされています。サドルにはもうあまり余裕は有りませんが、2.5-2.0mmくらいまでなら調整出来そうです。フレットはローフレットにいくらか減りが見られますが、一番減っている箇所でもオリジナルの8割以上の高さが残っていますので、まだまだ安心してお使い頂けます。

取り回しの良い12弦としても、ちょっとワイド・ネックの6弦としても使える汎用性の高い個体なので、コレクターの方に限らずプレイヤーの方にもオススメの非常にレアな1本です!

ケースは汎用のハード・ケースが付属します。

SN:100455