販売済みYAMAHA FG-1500 Jacaranda 1971年製
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

超稀少!!コンディション良好なFG-1500ハカランダ初年度物!!

1966年から製造が始まった伝統のヤマハFGシリーズ。ライトグリーン・ラベルから伝説の赤ラベルへ、そしてハンドメイドの超高級手工フォーク・ギターとして1971年6月に発売されたのが今回入荷のFG-1500です。フォーク・タイプのFG-1500、ジャンボ・タイプのFG-2000、12弦のFG-2500はFGシリーズの最高峰手工モデルとして1975年まで生産が続けられます。当時ピアノの製造に使われていた最高級のエゾ松をトップに使い、SIDE&BACKには最上級のハカランダ単板を使用したこの3機種は、今なおコレクターズ魂を揺さぶる名器として非常に人気の高いレア・アイテムとなっております!しかも今回入荷は初年度物の1本!通称バルタン・ヘッドと呼ばれるこの年だけのスペックです!

最高級エゾ松単板TOP、最上級ハカランダSIDE&BACK(バック・センター・メイプル)、ホンジュラス・マホガニーNECK、エボニー指板&ブリッジ、実測45mmナット、637.2mmスケールのヤマハ・フォーク・ボディー。そんなに派手派手しい装飾は無く落ち着いた佇まいですが、クラシック・ギターの製作で培った象嵌細工が落ち着いた渋みを醸し出す存在感のあるルックス。そして初年度だけの先細りになっていない通称バルタン・ヘッドにYマーク入りのペグという大変稀少な1本です。ボディー内のインナー・ラベルにはもちろんテリー中本さんのサインが入ったコンディション良好の逸品です!

サウンドはヤマハらしい硬質で抜けの良いブライトなサウンド!やや太めのネック・グリップから繰り出されるサウンドは芯の太い骨太なサウンドで、そこにハカランダらしいエッジの効いた煌びやかな倍音が加わり、力強くパンチの効いたサウンドを奏でます。音圧感も充分で、ハイからローまでバランスの良いサウンドですので、フィンガーピックでもフラットピックでも、ジャンルやプレイ・スタイルを選ばずオールマイティーにお使い頂けます!

楽器のコンディションは、小キズやいくらかの経年感は有りますが、年式から考えると非常に綺麗な美品コンディションを保っています!ボディー・トップは全体的にうっすらとしたウェザーチェックがびっしりと入り、いくらかの弾きキズやピックで小突いたようなキズ、小さい打痕等も点在しますが、平均的なコンディションから考えるとキズも少なく綺麗な顔付きです。ウェザーチェックや弾きキズなどは逆にこのギターの貫禄になっています。SIDE&BACKにもちょっとした擦り傷程度は散見できますが、こちらは年式から考えるとちょっとびっくりするくらいに綺麗な状態を保っています。サイドの6弦側の肩部にふわっと塗装が白濁した箇所もありますが、ジャパン・ビンテージとしては無きに等しいくらいに些細な白濁ですので、まず気になるレベルでは無いでしょう。ネック裏にもカポキズなども無く、非常にスムーズな状態を維持しています。ヘッド・トップにはいくらか擦り傷が見られますが、こちらも非常に良いコンディションを保っています。

そしてこちらの個体はネック角調整済みでプレイヤビリティーも抜群です!昭和FGは当時の弦高の流行から、今となっては少し弦高が高めの物が多いですが、こちらの個体はネック角を矯正することで、しっかりと現在のプレイ・スタイルに合ったプレイヤビリティーに調整されています。ネックの状態も真っ直ぐストレートで、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.5mm、1弦側1.8mm程度と非常に弾き易いセッティングになっています。その状態でもサドルにもまだまだ余裕がありますので、今後お使いいただくにも安心です。フレットも綺麗に摺り合わせされ、現状気になるような凹みも無く、一番減っている箇所でもオリジナルの8割程度の高さが残っています。

元々稀少なレア・モデルですが、初年度物でしかもここまでコンディションの良い出物はそうそう出てこないと思いますよ!

ケースは汎用のモールド・ケースが付属します。

SN:092