販売済みYAMAHA FG-180 赤ラベル 1971年頃
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

貫禄充分の赤ラベルFG-180!!豪快に鳴ってます!!

ヤマハ伝説の赤ラベルFG。ヤマハ初の鉄弦ギター、ダイナミック・ギターはそれまでのクラシック・ギターのボディーに鉄弦を張ったスタイルでしたが、1966年にヤマハ初のオリジナル・シェイプのフォーク・ギターとして登場したのがこのFG-180でした。このFG-180、フォーク・タイプのFG-150から出発したヤマハ・アコースティック・ギターは徐々にそのラインナップを広げ、伝説の赤ラベルFGとして昨今のジャパン・ビンテージ・ブームの火付け役にもなりました。今回入荷の個体は、シリアル・ナンバーが掠れて良く見えませんが、最初の数字はうっすら1のように見えますので、恐らく71年製かと思われます。

スプルース合板TOP、マホガニー合板SIDE&BACK、マホガニーNECK、ローズウッド指板&ブリッジ、実測44.3mmナット、音叉マーク・ロゴ、トライアングル・トラス・カバーのいわゆる後期型FG-180。

サウンドはパワフルで豪快なFGサウンド!オール合板ボディーとは思えないようなド迫力のサウンドを奏でます。決して上品ではない、バリンバリン豪快に鳴るこのサウンドこそが、一大ブームを巻き起こした伝説のサウンドなんですね!フラットピックで掻き鳴らせば、耳をつんざくようなバリバリに開いた豪快なストローク・サウンドを響かせますし、フィンガーで爪弾いても反応の良い箱鳴り感のあるサウンドをご堪能頂けます。

楽器のコンディションは、年式なりのキズ、使用感、経年感などたっぷりです。PG周りは長年のストロークに因り、木目に沿って塗装が剥がれ、だいぶ黒ずんできています。その他打痕や擦り傷の類もたくさん有りますが、長年使い込んできた楽器として見て、特に不自然なキズやダメージはありません。この長年かけて付いてきたキズや使用感はむしろこの楽器の持つ貫禄のオーラに繋がっているように感じます。

ネック・コンディションは良好で概ねストレートですが、弦高は12フレット上で6弦側3.5mm、1弦側2.2mmほどあります。サドルにももうほとんど余裕がありませんので、これ以上弦高を落とすにはブリッジ自体を削る必要がありますが、まぁ赤ラベルFGとしては現状でも普通の弦高かと思いますし、1弦側などは平均的な赤ラベルFGの弦高よりは低めかと思います。フレットは全体的に減りが見られますが、一番減っている箇所でもオリジナルの6割程度の高さは残っています。

現状特に問題になるような箇所はありませんが、値段が値段なので、保証なしの現状渡しとさせて頂きます。リーズナブルに伝説のサウンドをご体感ください!

ケースは汎用のハード・ケースが付属します。