YAMAHA GC-13R Jacaranda 1972年製
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

ヤマハの本格レキント・ギターGC-13R!!

ソリッド・シダーTOP、ソリッド・ハカランダSIDE&BACK、マホガニーNECK、エボニー指板、ハカランダ・ブリッジ、実測52mmナット、540mmスケールのヤマハ・レキント・ギターGC-13R。全長は約870mmで幅は約320mmですが、厚みは110mmと普通のガット・ギターと変わらない為、思いの外ボリューム感のあるサウンドが得られます。インナー・ラベルには加藤俊郎さんのサインが入っています。

通常レキント・ギターは4度上げでチューニングをするようですが、、レギュラー・ゲージでレギュラー・チューニングでも普通に使えます。普段アコギがメインの方ならレギュラー・チューニングで使われた方が違和感が無いようにも感じます。胴が厚いせいもあってサイズ感の割に音量も充分に有りますので、ちょっとした時にすぐに手に出来るセカンド・ギターとしても重宝しそうに思います。

楽器のコンディションは年式なりの小キズや使用感、経年感があります。ボディー・トップにはコツコツとぶつけたような小さな打痕がいくらか見て取れます。ボディー・バックには衣服のスレのような擦り傷もあります。決してキズなし美品とは言えませんが、45年以上前に作られた楽器として考えれば、取り立てて気になるようなキズやダメージはありません。

ネック・コンディションも良好で概ねストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側3.8mm、1弦側3.0mm程度にセッティングされています。サドルにはもうあまり余裕はありませんが、現状でもガット・ギターとしては極普通のプレイヤビリティーかと思います。フレットは特に気になるような凹みも無く充分な高さが残っています。

ハカランダ単板物としては破格の出物です!

ケースはオリジナルかどうかは不明ですが、ジャスト・サイズのハード・ケースが付属します。

SN:087