販売済YAMAHA L-10 Jacaranda 前期型 1970年代

SOLD OUT

  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

人気のヤマハL-10前期型!!ハカランダSIDE&BACKの逸品です!!

ヤマハ伝統のLシリーズ。今でも70年代~80年代のLシリーズの人気は衰えを知りませんが、中でもオール単板ボディーのL-10やL-15は非常に人気が高く、今でも入荷するとすぐにSOLD OUTになってしまう超売れっ子モデルです!特にL-10は前期型と後期型でSIDE&BACK材がハカランダ→パリサンドルと仕様変更してしまうため、とりわけ前期型のL-10は稀少性が高く、探しているファンの多い人気アイテムとなっています!今回入荷は、シリアルNo.が消えてしまっていて正確な製造年が分かりませんが、78年頃までの前期型の個体。スペック的にはポジション・マークが5フレット~、ハカランダSIDE&BACKの貴重な1本です!

エゾ松単板TOP、ハカランダ単板SIDE&BACK、アフリカン・マホガニーNECK、エボニー指板&ブリッジ、実測43.8mmナット、651mmスケールのヤマハ・オリジナル・ウエスタン・ボディー。バック材は両サイド付近に少し板目が入っていますが、半分以上は見事な柾目が使用されています。サイド材もやや大ぶりながら柾目が使用された「当たり」の個体かと思います!

そのサウンドはヤマハらしいトルク感のあるサウンドに、ハカランダならではのエッジの効いた硬質なサウンドがブレンドされ、バリンバリンと豪快なハカランダ・サウンドを響かせます!伝統のLサウンドらしい骨太な野太いサウンドと、ハカランダの煌びやかなトーンが混じり合い、パワフルで押し出しの強い、且つ煌びやかで艶のあるサウンドをご堪能頂けます。フラットピックでかき鳴らせば、バリンバリンの豪快なストローク・サウンドを響かせますし、フィンガーで爪弾けばハカランダらしい粒立ちが良く艶やかなトーンが得られます!

楽器のコンディションは、それなりの使用感や小キズは有りますが、トータルで判断すればまずまず美品のコンディションに入るかと思います。ボディー・トップにはいくらか打ちキズがありますが、そんなにド派手に目立つキズは無いので、年式から考えれば充分綺麗な方かと思います。トップのセンターの継ぎ目が一度剥がれたようで、接着修理されていますが、表面上はほとんど分からないくらい綺麗に修復されています。裏からは補強のクリートも打たれていますので、強度的な心配はありません。また、PGは柄の感じから見て、別のべっ甲柄に交換されているようです。SIDE&BACKに掛けては目立つキズも無く、かなり綺麗な状態を維持しています。SIDEには3か所ほど指の脂が残っていたような塗装の白濁が見られますが、一般的なジャパビンの塗装の白濁に比べれば軽症で、まず気になるレベルでも無いかと思います。過去にPUを付けていた時期もなるようで、エンドピンはオーバーサイズの物に交換されています。ヘッドにもポツポツと小キズは見られますが、ネック裏は非常に綺麗で、手触りもスムーズです。

ネック・コンディションも良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.6mm、1弦側2.2mm程度のセッティングになっています。その状態で1弦側は1mm強、6弦側は2mmほどブリッジからサドルが出ていますので、もう少しだけなら弦高を落とす事も出来そうです。フレットはリフレットされてからあまり弾かれていないようで、気になる凹みも無く、まだまだ充分な高さが残っています。

ハカランダ単板物として考えても破格の1本!お探しだった方はお早めにご検討下さい!

ケースは汎用のハード・ケースが付属します。