販売済みYAMAHA L-10 1980年製
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

非常に綺麗なコンディションの後期型L-10オール単板ボディー!!

ヤマハ伝統のLシリーズ。今でも70年代~80年代のLシリーズの人気は衰えを知りませんが、中でもオール単板ボディーのLは特に人気があります。今回入荷は80年製のL-10。いわゆる後期型なので、ボディーはローズウッド・ボディーになりますが、オール単板ボディーで伝統のLサウンドを存分にご堪能頂けるリーズナブルな人気機種です!

エゾ松単板TOP、パリサンドル(インディアン・ローズウッド)単板SIDE&BACK、マホガニーNECK、エボニー指板&ブリッジ、実測44.3mmナット、651mmスケールのヤマハ伝統のLボディー。前期型のハカランダSIDE&BACKのL-10は、近年ではなかなかの高値となってきましたが、ローズウッドSIDE&BACKの後期型はまだそんなにプレミアもつかず、日本製のオール単板物としては比較的リーズナブルに買える機種として人気があります!

サウンドはバリンバリンの豪快なヤマハ・サウンド!音だけ聞いていると、正直前期型と何が違うのか分からないくらいにハカランダ寄りのパリンパリンに乾いた豪快なサウンドを響かせます(笑)!ボディーも良く乾いていて、非常に反応良くボディー全体で鳴ってくれます。フラットピックで掻き鳴らせば、ヤマハ特有のかなり開いたブライトなサウンドで、アタッキーで耳に刺さるようなラウドなサウンドが得られますし、フィンガーで爪弾いても反応の良い、バランスの取れたサウンドをご堪能頂けます!

楽器のコンディションは年式から考えると非常に綺麗なコンディションを保っています!ポツポツとキズは散見できますが、日焼けも少なく塗装の艶感も非常に綺麗です。ペグのゴールドもかなり良い状態で残っています。気になりそうなキズとしては、、、ボディー・トップには打痕がポツポツあり、シミっぽく見える箇所もありますが、、他が綺麗なだけにやや目立つ程度で、平均的なコンディションから比べると無きに等しい些細なキズばかりです。ボディー・バックには光にかざして見て初めて分かる程度のバックルキズがあり、10フレットのネック裏には米粒大の打痕がポツンとありますが、いずれのキズも40年近く前に作られた楽器として考えればやはり無きに等しいものばかりかと思います。ブリッジの2弦と3弦の間に、ピンホール脇がチップしたのを接着したような跡が有りますが、こちらも強度的な心配などは無いので見た目がそこだけ少し白っぽく見えるというだけです。ジャパン・ビンテージに付きものの塗装の白濁も無く、トータルで見ればなかなか無い素晴らしいコンディションかと思います!

ネック・コンディションも良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.5mm、1弦側1.7mm程度と非常に弾き易いセッティングになっています。サドルにもまだ充分な余裕があります。フレットはローフレットを中心にいくらか減りが見られますが、一番減っている箇所でもオリジナルの7割程度の高さは残っています。

ヤマハ・ファンに限らず、リーズナブルで出来の良いオール単板物をお探しの方にも是非オススメのお買い得な逸品です!

オリジナル・ハード・ケース付き

SN:00426