販売済YAMAHA L-15 前期型 1978年製

SOLD OUT

  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

プレイ・コンディション、サウンド共に抜群のL-15前期型!!委託主様のご厚意により格安の1本です!!

ヤマハ伝統のLシリーズ。L四天王はさすがの高値となり、なかなかおいそれと手が出る存在ではなくなってしまいましたが、当時の価格が比較的抑え目で、且つハカランダ単板SIDE&BACKのL-10やL-15は、現在でもハカランダ単板物としては比較的安価に入手出来るため、非常に人気があり、それ故に市場に流れる個体数も少ない稀少なアイテムとなっております!今回入荷は78年製のL-15。いわゆる前期型と呼ばれる個体で、SIDE&BACKのハカランダの杢目も豪快な稀少な1本です!

高級エゾ松単板TOP、高級ハカランダ単板SIDE&BACK、マホガニーNECK、エボニー指板&ブリッジ、実測44.4mmナット、651mmスケールのヤマハ・オリジナル・ウエスタン・ボディー。79年以降の後期型だとジャンボ・ボディーになりますので、L-15の前期型と後期型ではボディー・シェイプが変わります。前期と後期の違いはよくこのボディー・シェイプが語られる事が多いですが、実はその他にも細かい違いが結構あります。ポジション・マークは前期型が独創的なモザイク柄なのに対し、後期型では比較的一般的なポジション・マークに替わります。ボディーを取り巻くモザイク柄のトリムも前期と後期では柄がかなり変わるので見た目の印象も変わりますね。そして前期型はPGが小ぶりなのも一つの特徴です。L-15に関しては、前期も後期もハカランダ単板SIDE&BACKは変わらないので、どちらがより人気が高いという事は無いかと思いますが、市場に出回る個体数は圧倒的に前期の方が少ないので、それだけ稀少なアイテムと言う事は出来るでしょう!あ、因みに当時のカタログを見ると、前期型のトップ材、サイド&バック材には「高級」の文字が付きますが、後期型からはこの「高級」の文字が消えてしまいます(笑)。。

サウンドはハカランダらしいエッジ感のあるサウンドに、ヤマハならではの剛性の高いサウンドがブレンドされ、バリンバリンに豪快なハカランダ・サウンドを奏でます!ブライトで直進性の強いサウンドは、マーチンのような弾力性のある色っぽいサウンドとは一線を画しますが、この男らしくゴンゴンと抜けるサウンドこそがヤマハのハカランダ・サウンドの真骨頂かと思います!フラットピックで掻き鳴らせば、カリッカリに乾いた豪快なハカランダ・サウンドをご堪能頂けますし、フィンガーで爪弾けば一変、エッジの立ったブライトなサウンドながら、ハカランダらしい艶のあるサスティーンが得られ秀逸です!

楽器のコンディションは、それなりの小キズや使用感、経年感などありますが、年式から考えると、キズの少ない美品コンディションと言えるでしょう!ボディー・トップには小さい打痕や弾きキズがそれなりにあります。長年のピッキングに因り、サウンドホール周りに塗装剥がれがありますので、ここは少し目立ちますが、打痕や擦り傷は極細かいモノばかりで、そのほとんどは光の反射で見て初めて気付く程度のモノばかりですので、40年以上前に作られた楽器として見れば、取り立てて気になるような箇所は無いかと思います。SIDE&BACKにも小キズは点在していますが、トップに比べるとキズは少なく、かなり綺麗なコンディションを保っています。ペグにはメッキの劣化が見られますが、オリジナルのまま、PGもオリジナルのスモール・ガードを保っています。

ネック・コンディションも良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.7mm、1弦側2.0mm程度とベストなセッティングになっています。1弦側にはもうあまりサドルの余裕はありませんが、6弦側はもう少し弦高を落とすことも可能です。フレットはローフレットがリフレットされ、全体的に綺麗に擦り合わせされていますので、気になるような凹みも無く、高さもまだ充分に残っています。全体的にオリジナル時の8割程度の高さが残っています。

年々稀少性を増すハカランダ単板物。このコンディション、サウンドでこのお値段は絶対お買い得かと思います!ボディー内部のインナー・ラベルにはもちろんテリー中本さんのサイン入りです!

ケースはヤマハの汎用のハード・ケースが付属します。

SN:01023