販売済みYAMAHA L-15 1983年製
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

驚くほど綺麗なコンディションの後期型L-15ハカランダ!!

ヤマハ伝統のLシリーズ。L四天王は流石の高値となり、なかなかおいそれと手が出る存在ではなくなってしまいましたが、当時の価格が比較的抑え目で、且つハカランダ単板SIDE&BACKのL-10やL-15は、現在でもハカランダ単板物としては比較的安価に入手出来るため、非常に人気があり、それ故に市場に流れる個体数も少ない稀少なアイテムとなっております!今回入荷は83年製のL-15。いわゆる後期型の個体ですが、L-10と違いL-15の方は最後までSIDE&BACK材にはハカランダが使われていました!

高級エゾ松単板TOP、ハカランダ単板SIDE&BACK(バック3ピース)、マホガニーNECK、エボニー指板&ブリッジ、実測44mmナット、651mmスケールのヤマハ伝統のLボディー。SIDEは半柾半板目のハカランダですが、BACKに使われている材は惚れ惚れするような柾目で、近年なかなかお目に掛かれない目の詰んだ綺麗なハカランダが使われています!ボディー内のインナー・ラベルにはもちろんテリー中本氏の直筆サイン入りです!

サウンドはハカランダらしいエッジ感のあるサウンドに、ヤマハならではの剛性の高いサウンドがブレンドされ、バリンバリンに豪快なハカランダ・サウンドを奏でます!ブライトで直進性の強いサウンドは、マーチンのような弾力性のある色っぽいサウンドとは一線を画しますが、この男らしくゴンゴンと抜けるサウンドこそがヤマハのハカランダ・サウンドの真骨頂かと思います!フラットピックで掻き鳴らせば、カリッカリに乾いた豪快なハカランダ・サウンドをご堪能頂けますし、フィンガーで爪弾けば一変、エッジの立ったブライトなサウンドながら、ハカランダらしい艶のあるサスティーンが得られ秀逸です!

楽器のコンディションは年式から考えるとちょっとびっくりするくらいに綺麗なコンディションを保っています!細かく見ていくと、ちょっとしたコチキズや擦り傷程度は散見できますが、遠目にも目立つようなキズは無く、全体的に見れば素晴らしいコンディションを保っています。ボディー・トップは正面から見ると全く判りませんが、斜め上方向から見下ろすように見ると、トップ全体にびっしりと細かいウェザーチェックが入っているのが分かります。全体的に綺麗に日焼けしているので全体的にアメ色になり経年を感じさせますが、ウェザーチェックや塗装の焼けはむしろ貫禄に繋がっていて、このギターの持つオーラになっています。指板には凹みまではいきませんが、長年の使用で表面が少し削れている箇所があります。指板はエボニーを使いながらも、いくらか染めているようで、使用頻度の高いローフレットは少し色が落ちている感じになっています。その他は、ヘッド裏の先の角の部分をコツンとぶつけてタッチアップされていますが、言われなければ気付かない程度の些細な修正です。ジャパン・ビンテージに付きものの塗装の白濁は、ボディー・サイドにふわっと靄が掛ったような箇所がありますが、こちらもまず気になるレベルではないでしょう。

ネック・コンディションも良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.6mm、1弦側2.0mm程度とベストなセッティングになっています。サドルにももう少し余裕がありますので、更なる弦高の微調整も可能です。フレットはいくらか減りが見られますが、一番減っている箇所でもオリジナルの8割程度の高さは残っています。

年々稀少性が増してきているハカランダ単板物!コンディションの割には比較的お求めやすい価格でご提供です!!

ケースは汎用のライト・ケースが付属します。

SN:02086