YAMAHA L-7S 1978年製
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

キャッチーなルックスのL-7S!!キズの少ない美品コンディションで入荷です!!

ヤマハ伝統のLシリーズ。1974年からそれまでのFGシリーズの上を行く最上位ラインとしてスタートしたLシリーズ。1975年には後にL四天王と呼ばれるようになるL51~L54までのカスタム・モデルが出揃います。今回入荷はL-51と並び個体数が非常に少ないL-54の普及価格帯モデルとして生産されていたL-12Sの弟分に当たるL-7S!FG-700Sの後継機種的な存在で、絵柄PGにアジャスタブル・ブリッジの採用など、ギブソンを意識したヤマハ出色のレア・モデルです!

ラミネイト・スプルースTOP、ラミネイト・アフリカン・マホガニーSIDE&BACK、アフリカン・マホガニーNECK、エボニー指板&ブリッジ、オリジナル・アジャスタブル・サドル、実測44mmナット、651mmスケールのヤマハ・オリジナル・ウエスタン・ボディー。このモデルの最大の特徴はPGとブリッジ。ギブソンを意識したアジャスタブル・ブリッジと、蝶が舞うPGが鮮烈な印象を与えます!このPG、ハミングバードを模したものと思われますが、さながらハミング・バタフライもしくはフライング・バタフライといった感じですね(笑)。このヤマハのPGデザインってFG-500Sや四天王のひとつL-54などを見てもどれも個性的でありながらどこか和のテイストが感じられるデザインで素晴らしいですよね!個人的には本家のデザインより優れていると思います(笑)。

サウンドはジャリンジャリンのアジャスタブル・サウンド!エッジの効いたかなり開いた音色でジャリジャリザクザクと耳に突き刺さるようなサウンドを響かせます。倍音豊かで煌びやかなサウンドとか、透明感のある素直なサウンドとかとは無縁の、何ともいい感じに下品なブライト・サウンドです(笑)。伝統のLシリーズのような骨太感も武骨な感じも無く、ただひたすらにジャリジャリバリバリと鳴るアジャスタブル・サウンドをご堪能頂けます。60年代アジャスタブル・ブリッジのJ-45やハミングバードのようなサウンドになっているかと言われれば、それもまた?な感じで、より派手に下品に鳴る印象です(笑)。強いて言えば合板ボディーのJ-160Eのサウンドがでかくなったようなサウンドですかね。。

楽器のコンディションは、ちょっとした小さな打痕や擦り傷、スレ等は散見できますが、年式から考えると素晴らしく綺麗なコンディションを保っています!ボディー・バックのエンド部付近と、ネックの9フレット裏辺りにある打痕は、塗装が白くなっていて、ちょっと離れてもそれと判りますが、それ以外は光にかざしてよくよく見てみれば気づく程度の微細なキズばかりですので、この年代のギターとしては最上級に綺麗なコンディションと言えるでしょう!

ネック・コンディションも良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.5mm、1弦側2.0mm程度とベストなセッティングになっています。アジャスタブル・サドルはまだ上下どちらにも可動しますので、お好みの弦高にセッティング可能です。フレットはローフレットを中心にいくらか減りが見られますが、一番減っている箇所でもオリジナルの6~7割程度の高さは残っていますので、まだ当分はリフレットの心配も無いでしょう。

滅多に出てこないレア・モデル!なんと現在当店には兄貴分のL-12Sもありますので、セットで揃えるのも一興かと思いますよ(笑)!

ケースは汎用のハード・ケースが付属します。

SN:81026