販売済YAMAHA L-8 1979年製

SOLD OUT

  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

ヤマハらしい豪快な鳴り!!L-8後期型、キズの少ない美品コンディションです!!

ヤマハ伝統のLシリーズ。1974年から生産の始まったLシリーズは、時代のニーズと移り変わりに合わせて多種多様なモデル変更、スペック変更を繰り返しながら今も脈々と受け継がれているヤマハ・アコースティック・ギターの中核を成す名シリーズです。今回入荷は79年製のL-8。70年代のLシリーズは78年末頃に細かなスペック変更がなされ、それを境に前期型、後期型と呼ばれていますが、今回入荷の個体は後期型。サイド材が合板になったとはいえ、それを感じさせない豪快な鳴りのヤマハLシリーズの中堅機種です!

ソリッド・スプルースTOP、パリサンドル(インディアン・ローズウッド)SIDE、ソリッド・パリサンドルBACK、マホガニーNECK、ローズウッド指板&ブリッジ、実測44.5mmナット、651mmスケールのヤマハ・オリジナル・ウエスタン・ボディー。このL-8に関しては、前期型がパリサンドルのオール単板ボディー、後期型はポジション・マークが1つ増えながらもサイドは合板となりましたが、鳴らしてみるとほとんどその差は感じられません(笑)!

そのサウンドはヤマハらしい武骨でガッツ溢れるパワフル・サウンド!ヤマハらしいエッジ感の強い野太いサウンドで、バリンバリンと豪快に鳴ってくれます。サイドが合板になった分、音の出方はよりタイトになっているのかも知れませんが、高級手工ビルダーでもサイドは好んで合板を使う作家も多いですから、スペック・ダウンと言うよりは音は好みでしょう。元々ヤマハは単板ボディーでもエッジ感のきついバリバリとしたサウンドが持ち味なので、サイドが合板になったことに因るマイナス・ポイントは何も見つかりません。フラットピックで掻き鳴らせば、ガツンと音が立ち上がり、野太くパワフルに咆哮するヤマハ・ダイナミック・サウンドをご堪能頂けますし、フィンガーで爪弾いても粒立ちが良くエッジの効いたバランスの良いサウンドを奏でますので、あらゆるジャンルやプレイ・スタイルでヤマハらしい力強いサウンドをご堪能頂ける事と思います!

楽器のコンディションは、年式から考えると驚くほどキズの少ないかなりの美品コンディションです!全体的にいい感じに色焼けしていますので、それなりの経年感は感じますが、ぱっと見に目立つキズは無く、とても綺麗なコンディションを維持しています。細かく見ていくと小さい打痕や擦り傷など散見出来ますが、そのほとんどが光の反射を利用して見て初めて気付くような些細なキズばかりですので、40年前の楽器として考えて、これで文句のある人は居ないでしょう(笑)。

ネック・コンディションも良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.2mm、1弦側1.7mm程度と非常に弾き易いセッティングになっています。サドルにもまだ余裕がありますが、さすがにこれ以上弦高を落とす必要は無いでしょう。フレットはローフレットを中心にいくらか減りが見られますが、一番減っている箇所でもオリジナルの8割程度の高さは残っていますので、まだまだ安心してお使い頂けます。

近年のヤマハ・サウンドとは一味違う野性味溢れるサウンド!抜群のプレイヤビリティーなので、ヤマハ・ファンのみならず、これからギターを始められる方のエントリー・モデルとしてもオススメの1本です!

ケースは汎用のハード・ケースが付属していますが、、、何故か裏面に「鬼平」という落書きがあります。気になる方はステッカーでも貼ってやってください(笑)。

SN:91018