販売済YAMAHA LA12-37 1984年製

SOLD OUT

  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

極稀少!!今なお一部のマニアから熱狂的な支持を集めるヤマハLAシリーズのなんと12弦モデルLA12-37が入荷しました!!

日本人の体型と感性に合うギターとして設計、生産されていたヤマハLAシリーズ。その繊細で美しい音色に多くのミュージシャンが魅了され、生産が完了した今でも尚、探しているファンの多い人気シリーズです。今回はそんなLAシリーズのなんと12弦!オール単板ボディーのLA12-37が入荷しました!

スプルース単板TOP、パリサンドル(ローズウッド)単板SIDE&BACK、マホガニーNECK、パリサンドル(ローズウッド)指板&ブリッジ、実測45.9mmナット、637mmスケールのLAボディー。通常のドレッドノートより僅かにスリムで薄胴なボディー・シェイプが独特の繊細なサウンドを生み出す、ヤマハのもう一つの名器です!特にこのボディー・シェイプは12弦の倍音サウンドが強調されて非常に良いですね!指板幅も45.9mmと12弦にしてはかなりスリムなネック形状ですので、12弦初心者の方にも優しい設計です!

そのサウンドは煌びやか且つ繊細なサウンドで、ハイからローまでバランスよく発音される美しいサウンド!Lシリーズのようなふくよかで野太い低音とは対照的な、タイトで粒立ちの良い低音に、倍音感豊かな高音がブレンドされ、そこに副弦の倍音が加わり美しくもフルレンジに鳴ってくれる12弦サウンドが楽しめます。オール単板ボディーなので箱の反応もよく、低音もしっかり出ていてタイトながら高級感もある12弦ギターとしては文句のない素晴らしいサウンドかと思います!

楽器のコンディションは、およそ40年前に作られたとは思えない極美品コンディションです!もちろん小キズくらいは散見出来ますが、40年間使われてきた楽器として見れば使用感も経年感もあまり感じません。6弦側のサイド肩部にコツコツと小さな打痕が2つ有り、塗膜が白く見えるのでやや目立ちますが、その他は光にかざして子細に眺め回していけばようやく気付く程度の極々些細なキズばかりですので、よほどキズに敏感な方でも充分納得頂けるコンディションかと思います。

ネック・コンディションも良好で概ねストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.7mm、1弦側2.0mm程度とベストなセッティングになっています。サドルにももう少し余裕がありますので、更なる弦高の微調整も可能です。フレットの減りはほとんど無く、ほぼ10割の高さが残っています。

LAマニアの方の中には色んなLAモデルを収集している方もいらっしゃいますが、さすがに12弦まで持ってる方も少ないのでは?!LAファンはもちろんの事、日本製&オール単板モデルとしても充分お値打ちな逸品かと思います!もちろんボディー内のインナー・ラベルにはテリー中本氏のサイン入りです!

ケースは汎用のハード・ケースが付属します。

SN:40323