YAMAHA LD-10T 1992年製
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

初心者にもオススメの、ヤマハらしいルックスと豪快なサウンドが楽しめる1本!!

92年製LD-10Tの入荷です!LDシリーズは、当時ジャパン・メイドで生産されていたLLシリーズの普及価格帯モデルとして台湾高雄工場で生産されていた中級機種です。LLシリーズのサウンド・コンセプトはそのままに、サウンド、仕上げ、価格のトータル・バランスを狙ったモデルとして大変人気のあったシリーズです。

ソリッド・スプルースTOP、パリサンドル(ローズウッド)SIDE&BACK、マホガニーNECK、ローズウッド指板&ブリッジ、スキャロップ・ブレーシング、実測43.5mmナット、651mmスケールのヤマハ・オリジナル・ジャンボ・ボディー。ヤマハお得意のティンテッド・カラーが他には無い個性を主張するモデルです。

サウンドはLシリーズ譲りのバリンと豪快に鳴るパワフル・サウンド!SIDE&BACK合板の音のエッジ感のきつさは否めませんが、オール単板ボディー顔負けの豪快なサウンドを響かせます。元々伝統のLサウンドはゴツゴツと太めに男性的に鳴るサウンドですので、その雰囲気は良く出ていると思います。フラットピックで掻き鳴らせば、ちょっとうるさいくらいにバリンバリンと豪快なヤマハ・サウンドを響かせますし、フィンガーで爪弾いても適度なサスティーンを伴った粒立ちの良いサウンドが得られますので、プレイ・スタイルやジャンルを問わずオールマイティーにお使い頂けるサウンドかと思います。価格的には初心者向けな価格帯ですが、ベテランの方のセカンド・ギターとしても充分使えるサウンド・クオリティーかと思います!

楽器のコンディションは、年式なりの経年感はありますが、キズは少なめです。ボディー・トップにはいくらか目立つ打痕や擦り傷など散見出来ますが、まぁ約30年前の楽器としては取り立てて気になるような箇所は無いでしょう。SIDE&BACKはほとんどキズが無く、綺麗な状態を保っていますが、ジャパン・ビンテージにつきものの塗装の白濁がいくらか見て取れます。ネック~ヘッドに掛けてはキズや白濁もほとんど無く、綺麗な状態を保っています。

ネック・コンディションは良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.5mm、1弦側1.9mm程度と非常に弾き易いセッティングになっています。サドルにもまだ余裕がありますので、更なる弦高の微調整も可能です。フレットも気になるような凹みも無く、まだ充分な高さが残っています。

ヤマハらしい渋いルックスと、ヤマハらしいパワフルなサウンドをお楽しみ頂けるお求め易いお手頃な中古品です!

ケースは汎用のハード・ケースが付属します。

SN:IN-064