販売済YAMAHA LL-23J 2000年製

SOLD OUT

  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

今となっては稀少なジャパン・メイドのオール単板ボディーLL-23J!!

ヤマハ伝統のLシリーズ。今回入荷は2000年当時、ハンドクラフト・モデルの50番シリーズ直系のモデルとして生産されていたLL-23J。当時はLLシリーズの中上位機種として生産されていたモデルですが、浜松工場製でオール単板、アバロン・トリム、、と考えると今でいう所のLL36にも匹敵するようなスペックです!

ソリッド・スプルースTOP、ソリッド・ローズウッドSIDE&BACK、マホガニー1ピースNECK、縞黒檀指板&ブリッジ、43mmナット、651mmスケールのヤマハ・オリジナル・ジャンボ・ボディー。サウンドホール・ロゼッタとボディー・トップのトリムは美しいアバロン貝で飾られ、見た目もなかなか豪華でヤマハらしいモデルです!

サウンドはLボディーらしい豊かな低音に煌びやかな高音がブレンドされ、ハイからローまでバランスよく鳴ってくれる心地よいサウンド!スキャロップ・ブレーシングで、ドワンッと弾むような低音に、倍音豊かな高音、煌びやかながらソリッドな中音のバランスが素晴らしく、ヤマハらしいダイナミックで美しいサウンドをご堪能頂けます!フラットピックで掻き鳴らせば、エッジ感のある煌びやかで艶のあるストローク・サウンドが得られますし、フィンガーで爪弾いても、ヤマハらしいコリッと粒立ちが良く艶やかな高音に、スキャロップ・ブレーシングならではの弾むような中低域が全体をまとめ上げ、プレイ・スタイルやジャンルを問わずオールマイティーにお使い頂けるサウンドになっています!

楽器のコンディションはほとんどキズの無い極美品コンディション!とても20年近く前に作られた楽器とは思えないような綺麗なコンディションを保っています。光にかざして子細に眺めていくと、PG上にはピッキング跡が確認出来、ボディー・バックには多少のスレ程度は確認出来ますが、遠目にも目立つようなキズやダメージは皆無で非常に綺麗な状態です。ペグのゴールド・メッキもほとんど劣化が無く良い状態です。

ネック・コンディションは良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.5mm、1弦側1.8mm程度と非常に弾き易いセッティングになっています。サドルにもまだ余裕がありますので、更なる弦高の微調整も可能です。フレットはローフレットに僅かに弦の跡が付いている程度で、ほぼほぼ10割の高さが残っています。

ジャパン・メイドでこのルックス、このサウンドと考えれば、なかなかお買い得な逸品じゃないかと思います!

ケースは汎用のハード・ケースが付属します。

SN:XX542J