販売済YAMAHA LS-10 BL 2000年頃

SOLD OUT

  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

オール単板&メイド・イン・ジャパンのヤマハ!!格安の1本です!!

90年代半ばころから急速に人気を広げ、大きなムーブメントといったフィンガーピッカー・ブーム。そんなフィンガーピッカーを主なターゲットとしてヤマハが開発したのが今回入荷のLSシリーズです。先に登場したLEXシリーズを継ぐ形で1999年~2003年まで生産されたシリーズで、オール単板ボディー&メイド・イン・ジャパンが売りのリーズナブルでありながらハイ・クオリティーな製品として人気を博したシリーズです!今回入荷はそんなLSシリーズのマホ・ボディーLS-10のブラック・フィニッシュ・バージョン。レスポンスが良くマホガニーらしい透明感のあるサウンドが魅力の1本です!

ソリッド・スプルースTOP、ソリッド・マホガニーSIDE&BACK、マホガニーNECK、ローズウッド指板&ブリッジ、ダブルXブレーシング、実測43.4mmナット、650mmスケールのヤマハ・オリジナル・セミジャンボ・ボディー。ボディー幅は約395mm、ボディー厚は約110mmと、マーチンの000サイズより僅かに大きいボディー形状ですが、抱えた感じはほぼほぼ000と変わりはありません。気持ちボディーが厚いかな~?くらいの感じです。

また、こちらのモデルはマホガニーのウォームで伸びのあるサウンド特性を生かすため、低めのダブルXブレーシングが採用されているのも特徴です。一般的にダブルXブレーシングと聞くと、鳴らない印象を受けられる方も多いかと思いますが、モーリスのSシリーズなんか見ても、ダブルXって案外サウンド・バランスに優れているように思います。

そのサウンドはレスポンスが良く、爽やかでクリアーなマホガニー・サウンド!ハイからローまでバランスよく発音され、嫌みの無いすっきりとしたサウンドを響かせます。重過ぎず軽やかに鳴るローに、マホガニー・ボディーならではのふくよかで柔らかな中域、煌びやかで艶のある高音などが混然一体となり、耳障りの良い美しいサウンドをご堪能頂けます。そんなに音圧感のあるサウンドではありませんが、フラットピックでストロークなんかしても充分広がりのあるサウンドを奏でますので、歌モノのバックなんかでも充分使えると思います。フィンガーで爪弾いた時にはマホ特有の色気たっぷりな柔らかいサウンドをご堪能頂けます!

楽器のコンディションはスレ程度の小キズは散見出来ますが、遠目からでも派手に目立つような大きなキズはありませんので、年式から考えれば充分美品コンディションと言えるでしょう。ボディー・トップやバックにはほんの少し擦れたようなスレがいくらか付いていますが、打痕等のキズはほとんどありません。全体的に木の杢目に沿って塗装の引けは見られますが、ヤマハあるあるの塗装の白濁は無く、綺麗な艶感を保っています。過去にPUを搭載していたようで、エンドピンはエンドピン・ジャックに交換されていますが、現在はPUは付いておらず、ジャックはダミーになっています。

ネック・コンディションも良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.5mm、1弦側2.0mm程度とベストなセッティングになっています。サドルにもまだ余裕がありますので、更なる弦高の微調整も可能です。フレットはローフレットに僅かな減りが見られますが、一番減っている箇所でもオリジナルの9割程度の高さが残っていますので、まだまだ安心してお使い頂けます。

今現在の日本製のヤマハのお値段を考えると、、、非常にリーズナブルでハイ・クオリティーな1本かと思います!

ケースはちょっと古めの汎用のハード・ケースが付属します。

SN:00508J