販売済Yamaki 1100 1970年代

SOLD OUT

  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

超稀少!!最初期スモール・バーティカル・ロゴのヤマキ1100!!

数あるジャパン・ビンテージ・ブランドの中でも特にマニアックでコアなファンが多く、且つ中古市場への流通が少ないヤマキ・ギター。中でもオール単板ボディーの中~上位機種は流通量が少なく、且つ探しているファンの多い稀少なアイテムとなっております。今回はそんな単板ボディーの最初期1100が入荷しました!

ソリッド・スプルースTOP、ソリッド・ハカランダSIDE&BACK、マホガニーNECK、エボニー指板&ブリッジ、実測42.7mmナット、640mmスケールのドレッドノート・ボディー。ヘキサゴン・インレイに41スタイルのアバロン・トリムの入った見た目も豪華なモデル。当時の日本製のギターにはアバロン風のプラスティック・セルが使われているものも少なくありませんが、こちらは全て本物の貝が使われていますので、当時のヤマキの中上位機種としての気合いを感じます。ヘッドのYAMAKIロゴは最初期のみのスモール・タイプ。いかにも手入れ感満載のちょっとブサイクなロゴが何とも愛嬌がありますね(笑)。。

サウンドはヤマキらしいブライトで豪快なサウンド!バリンッと音が立ち上がりハカランダらしいエッジ感のあるサスティーンを伴って咆哮します。ゴンゴンと野太く且つエッジ感のある低音にバウンバウン弾むような中域、芯が太いながらも煌びやかな倍音を伴った高音などが混然一体となり、貫禄のジャパニーズ・ビンテージ・サウンドを響かせます。フラットピックで掻き鳴らせば、バリンバリンと豪快なサウンドの中にも貝巻きモデルならではの優美な倍音と煌びやかなサスティーンが感じられますし、フィンガーで爪弾いても粒立ちが良く芯のしっかりした基音に絡む深いリバーブが美しく、あらゆるプレイ・スタイルで豪快でありながらも美しい音色をご堪能頂けます!

楽器のコンディションは、年式なりの小キズや経年感などありますが、大きく派手に目立つようなキズやダメージは無く、年式から考えるとかなり綺麗なコンディションを保っています!

ボディー・トップはいい感じに日焼けして、アバロン・トリムも感じ良く黄ばんでいます。小キズはそこそこありますが、ヤマキにありがちなトップの色ムラはほとんど無く、綺麗な顔付きです。SIDE&BACKにも小キズが点在していて、僅かな塗装の白濁も確認出来ますが、この年代のヤマキとしては、塗装の白濁も無きに等しい程度です。ネックからヘッドに掛けても経年感こそ感じますが、気になるようなキズは無く、まずまず綺麗な状態と言えるでしょう。

ネックは仕込み角調整とリフレットがされていて、非常にいい状態です。ネックの差し込み角はかなり深めにリセットされていますので、14フレット以降が落ち込む、いわゆる逆への字に見えますが、この状態でしっかりとサドル高も確保されていて、ベストなセッティングと言えるでしょう。ネックも綺麗にストレートで、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.7mm、1弦側2.0mm程度とベストなセッティングになっています。サドルにもまだ充分な余裕がありますので、更なる弦高の微調整も可能です。フレットはリフレットされたばかりで、10割の高さが残っています。

スモール・バーティカル・ロゴのヤマキは滅多にお目に掛かれない希少品です!ハカランダ単板モデルとしても格安の1本ですので、ヤマキ・ファンのみならず、リーズナブルなハカランダ物をお探しの方にもオススメの逸品です!

ケースは汎用のハード・ケースが付属します。