Yamaki F-150 1970年代
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

稀少!!縦ロゴのヤマキF-150!!

数あるジャパン・ビンテージ・ブランドの中でも特にマニアックでコアなファンが多く、且つ中古市場への流通が少ないヤマキ・ギター。今回はそんなヤマキの中位機種F-150が入荷しました!

ソリッド・スプルースTOP、ラミネイト・ローズウッドSIDE&BACK(バック3ピース)、マホガニーNECK、ローズウッド指板&ブリッジ、実測43.6mmナット、640mスケールのドレッドノート・ボディー。SIDE&BACKは合板ながら、ヤマキ・ロゴは縦ロゴ、本物の貝で入れられたヘキサゴン・インレイなど、価格の割には豪華なスペックを持つ1本です!

サウンドはヤマキらしい骨太でストレートに飛ぶパワフル・サウンド!ガツンと音が立ち上がり、芯のしっかりした出音で密度の高いサウンドを響かせます。SIDE&BACK合板ですので、そんなに爆音という訳にはいきませんが、この価格帯のギターとしては充分及第点のサウンドかと思います。最近流行のキレイキレイな倍音たっぷりなサウンドから比べると、倍音は少なく、サスティーンも短めに感じられるかも知れませんが、これこそが昭和のフォーク・サウンド!って感じのサウンドですので、昔の日本の音楽をやるにはばっちりマッチするサウンドかと思います!

楽器のコンディションは、年式なりのキズや使用感、経年感などあります。擦り傷や打痕など、そこここに散見出来ますが、この年代のギターとしてはキズはやや少なめと言えるでしょう。但し、、ボディー・トップの1弦側のバインディング脇に5㎝程の塗装がチップしたようなキズがあり、そこは上からモリモリと接着剤が盛られています。トップが割れたというよりは、恐らく横からの衝撃で塗装がチップしたのを、ボンドを盛って誤魔化した感じです。その他にはジャパン・ビンテージに付きものの塗装の白濁もいくらか確認できますが、ヤマキとしてはまぁマシな方じゃないかと思います。

ネック・コンディションは良好で綺麗にストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.7mm、1弦側2.0mm程度とベストなセッティングになっています。サドルにもまだ余裕がありますので、更なる弦高の微調整も可能です。フレットはローフレットを中心に、そこそこ減っていますが、一番減っている箇所でもオリジナルの5割以上の高さは残っています。

ヤマキ・ファンのみならず、手頃で頑丈なセカンド・ギターをお探しの方にもオススメの昭和ノスタルジック・サウンドの1本です!

ケースは汎用のソフト・ケースが付属します。

SN:80508