YASUMA WG-550 1970年代
  • 在庫あり
  • 配送期間:1-3日1

古き良き時代のニッポンのフォーク・ギター(笑)!!幻のヤスマ・ニューアンス!!

またまた大変マニアックなギターの入荷です!安間楽器製造のWG-550。安間楽器は1950年代~1980年代まで名古屋に工房を構え、質の高い楽器を製造する楽器メーカーとして知れらていました。自社ブランドとして今回入荷のYASUMA NEW ANCEブランドも展開していましたが、マニアの間で有名なのはどちらかというとOEM生産で他社の為に作られた楽器たちかも知れません。特に初期のキャッツ・アイの高級機種はそのほとんどが安間楽器で作られていた事はキャッツ・アイ・フリークの間では有名な話で、70年代のキャッツ・アイを探す時、安間製かトーカイ製かで買うかどうかを判断するマニアもいる程、ヤスマ楽器製のキャッツ・アイは高い評価を受けています。さて、今回入荷はそんなヤスマのオリジナル・ブランド、ヤスマ・ニューアンスのWG-550。入門機種からバリバリに派手なカスタム・モデルまで作っていたヤスマ・ブランドの中では中位機種に当たるモデルです。

ソリッド・スプルースTOP、ラミネイト・ローズウッドSIDE&BACK、マホガニーNECK、ローズウッド指板&ブリッジ、実測41.7mmナット、645mmスケールのドレッドノート・ボディー。ネック形状はかなりきつめの三角ネックですが、ネック幅が41.7mmとやや細めなので、初心者の方なんかにも比較的とっつきやすいモデルじゃないかと思います。

サウンドはバリンバリンと鳴る無骨でパワフルなサウンド!フラットピックで掻き鳴らせば、合板モデルとは思えないくらいの音圧とパワーがあり、今のちょっとした一流ブランドのオール単板物よりデカい音のような気がします(笑)。フィンガーで爪弾くと、意外に繊細で美しいトーンが得られますので、なかなかオールマイティーに使えるサウンドだと思います。決して上品さや高級感のあるサウンドではありませんが、いかにも昔の日本のフォーク・ギター!ってサウンドですので、日本の昔のフォーク・ソングなんかをやるにはピッタリなサウンドでしょう!

楽器のコンディションは、小キズや使用感、それなりの経年感はあるものの、大きく派手に目立つようなキズやダメージは無く、年式から考えるとかなり綺麗なコンディションを保っています。コツコツとぶつけた打痕や擦り傷、セル・バインディングの焼けなどもありますが、この時代のこの手のギターを好む方から見れば充分美品コンディションと言えるでしょう。

ネック・コンディションも良好で概ねストレート、現状での弦高は12フレット上で6弦側2.8mm、1弦側2.2mmほどにセッティングされています。サドルにはもうあまり余裕は有りませんが、現状でも昭和のギターの弦高としては充分プレイヤビリティー良好かと思います。頑張れば2.5-2.0くらいまでは調整可能かな~?フレットはかなりゴリゴリと削れていて、一番減っている箇所で恐らくオリジナル時の50%くらいの高さ残かと思いますが、現状ビビりも無く、まだまだリフレットの必要も無いかと思います。

安くて高品質なギターをお探しの初心者の方にもオススメですが、ベテラン・プレイヤーのセカンド・ギターとしても充分使える1本です!

ケースは汎用のハード・ケースが付属します。

SN:112137